• FiveSchools

合格発表の夜に放つメッセージ

更新日:3月19日

本日、北海道公立高校入試の合格発表がありました。


これを見ている受験生のみなさんも、合格した方、だめだった方、両方いることでしょう。


合格した方、本当におめでとうございます。

心よりお祝い申し上げます。


以前、受験直前のメッセージをここで書きましたが、今日は合格発表当日のメッセージを書きます。


内容を読んでもらえるとわかりますが、合格した人に対しても、残念だった人に対しても、わたしの言いたいことは最終的に同じです。


ただ、イメージとしては「今回残念ながら合格できなかった方」に向けて語ろうかな、と思っています。


また、前回書いた受験直前のメッセージとカブる部分も多少あります。

それでも、大事なことだと思うのでもう一度ちゃんと書きます。


高校受験は、通過点なのか?

まずわたし個人のスタンスですが、塾の仕事をするうえで「高校受験」というイベントをハッキリ言ってそこまで重視していません。


小→中→高→大と続く進学プロセスの中のほんの一つの通過点であり、正直受かろうが、受からなかろうが、極端な話どっちでもいい。大事なのは大学入試に向けて「学力を伸ばすこと」それ自体である。

このぐらいに考えてこの仕事をしています。


よってFiveSchoolsでは「合格祝賀会」も「打ち上げ」も何もやりません。

「正月特訓」もなければ「壮行会」もありません。

粛々と高校受験を迎え、淡々と高校生活へ向かっていくのが当塾のスタイルです。


もちろん金銭面など、保護者の方にとっての負担は当然変わってくるでしょうし、それなりに合否によって高校生活に違いが出てくるのはもちろん理解しています。

あくまで「受験生本人の人生全体にとって」「大学受験までのプロセス全体として」という意味でご理解ください。


ただ、それはわたしがすでに40年近く生きてきて、それなりに人生を俯瞰できるようになったうえで出せるようになった結論です。

(実際は、自分が中高生のころから同じようなことを言っていた気はしますが……)


多くの高校受験生にとっては、小学、中学と過ごしてきて、今回の高校受験が「初めて人生の進路が自分の力で変わる」機会だったはずです。


合格できていれば一緒に通えたはずの友達と同じ高校に通えなくなる、下見や学校見学、そして入試本番で訪れた「あの高校」に今後2度と行く機会がなくなる。

大人から見れば「大したことない」ことかもしれませんが、当人にとっては現時点の人生において重大なインパクトのある挫折であるかもしれません。


また、生まれて初めて、自分が「行きたい」と行った場所から「拒否」される経験であったかもしれません。

大人は、生きていくうえで何度も何度も「拒否」され慣れている人がほとんどでしょうが、初めての経験であればこれもまたショックな出来事だろうと思います。


ですので、わたし個人として、FiveSchoolsとしては高校受験というイベントをそこまで重視はしていないものの、その「試合」で敗れたことの、本人の悔しさ自体を否定するつもりはまったくありません。

敗戦は敗戦として、反省も後悔も開き直りも含めて、どうにかこうにか乗り越えるしかないものだと思います。


生徒たちよりも長く生きているぶん「長い人生で、高校受験不合格なんてほんのちっぽけな出来事なんだよ」と伝えたい一方で、その悔しさを受け止め、乗り越える過程を茶々を入れず、そっと見守りたいという気持ちもあります。


相反するようですが、不合格だった受験生に対するわたしの気持ちはそのような感じです。


過去は変えられない、ライバルはもう動いている

最初に「高校受験の結果など大した問題ではない」と言いましたが、そもそもそれはなぜでしょう。


中学校の勉強と、高校の勉強は別次元と言っていいほど難易度に差があり、中学でいくら成績が良かろうが、高校の勉強にしっかり取り組めなければあっと言う間に「没落」するからです。


逆に言えば、高校受験で不合格であろうと、それまで蓄積した学力まで消えるわけではありません

その学力をベースに、進学先の高校でしっかりと取り組み成果を出していけば、中学で自分より成績がよかった人間をあっと言う間に抜き去っていくことができます。


わたし個人の経験でいえば、中学のときは「道コン偏差値」で58ぐらいのイメージでした。道コン受けたことないので、あくまで学テABCあたりでのイメージですが。


で、一般的に「道コン偏差値で58」ぐらいの人は、そのままボーっと過ごすと大学受験での偏差値は平気で10ぐらい下がりますので、結果的に大学受験では「偏差値48あたりの勝負」になることが多いです。


(これ、認識している人かなり少ないと思います。道コン偏差値が60の人、「普通に」高校生活を送るとだいたい偏差値50ぐらいでの大学受験になりますよ)


わたしの場合はいろいろとうまくいって高1の一年間で学力面がブレイクしたこともあり、高校受験で58だったはずの偏差値が高1で15以上上がり、全国模試で偏差値70を軽く超えることが当たり前になっていました。

中学のときにわたしより上位にいたはずの東西南北生の結構な割合を、北陵高校でのわずか1年間の間に猛烈な勢いで抜き去ることができたはずです。


ただ、そういう成果を出せたのは、わたしが中学時代までにそれなりに「蓄積」していたから。そして、高校受験終了後すぐに「動いた」からです。予備校にも行き、自分なりに学習習慣も変えて取り組んだからです。

そういう積み重ねと行動がなければ、当然そんな成果は生まれないです。


今回の高校受験で合格した人も、そうでない人も、大学受験は「全国の受験生」との勝負です。

北大だって、今や半分以上が道外からの受験生で、「東大に行きたかったけどギリギリダメで、滑り止めで仕方なく北大を受ける」みたいな連中と戦わなければならないのです。


また、道内・道外にある「中高一貫校」の存在も意識したほうがいいでしょう。

中高一貫校の生徒たちは、中3の段階ですでに高1の勉強を相当部分終わらせています。


中3の段階で中3の勉強しかしてこなかった(本来それが当たり前ではありますが……)中学生が、しかも全国の中で決してレベルが高いとは言えない「北海道公立高入試」にしか取り組んでこなかった中学生が、「受験燃え尽き症候群」で高1の一年間をボーっと過ごしたら、どうなってしまうのか。

すでに中3時点で十分差がついているところを、ほぼ取り返しがつかない決定的な差をつけられてしまいます。


わたしが高校受験を「大した問題ではない」というのは、次に皆さんが向かう戦いのほうがはるかにハードルが高いからです。


過去は変えられません。


でも未来は創れます。


「未来は俺が作る、生きたいように生きる、なりたい自分になる」と中邑真輔も言っています。


今日一日ぐらいは、合格に浮かれるもよし、不合格を悔しがるもよし、思うままに過ごしてよいと思います。

でも、それはせいぜい一日だけにして、次に向かって歩みを進めなければなりません。

皆さんの次のライバルたちは、全国の至るところでとっくに動き始めています。


FiveSchoolsについて

全クラス・全コース紹介

・英語、国語、数学クラス

・通い放題「FIVE学習会」

・完全個別指導


合格実績


Webコース

・全国どこでも受講できます


2022年新年度時間割

・琴似本校

・伏見山鼻キャンパス


講師紹介


著書紹介


琴似本校へのアクセス


伏見山鼻キャンパスへのアクセス


お問い合わせ

FiveSchoolsは電話、訪問など手段を問わず、こちらからの勧誘活動を一切行っておりません。安心してお問い合わせください。