• FiveSchools

高校国語StartUp & Advanced ~ FiveSchools全クラス紹介

最終更新: 3日前

高校国語StartUpクラスとは?

FiveSchoolsの「看板」とも言うべき基幹クラス。

FiveSchoolsで高校国語、大学受験国語を学びたいなら基本的にはまずはこのクラスからスタートすることになります。


すべての授業、テキスト、チェックテストを代表・村上翔平が作成し、これ以上質の高い授業は不可能だ、と思える限界まで磨き抜いたカリキュラムを作れたと自負しています。

ひとつのクラスで現代文、古典文法、漢文法、小論文の基礎をすべて学べる「オール・イン・ワン」型のカリキュラムで、大手予備校での通塾と比べても圧倒的に経済的です。


現代文は評論、小説の「読解法」「解答法」をすべて伝え、ある程度の入試演習まで行います。(本格的な入試演習は「高校国語Advancedクラス」で)

小論文も扱い、基本的な思考法、発想法、書き方を習得します。


古文は大学受験で必要な文法(品詞・活用・係り結び・助動詞・助詞・敬語)を1年間ですべて習得します。中学レベルの現代文文法の理解からスタートするので、文法がまったく理解できていない生徒でも十分についてくることができます。

漢文も基本的な文構造、句形をひととおり学ぶことができます。


毎年のように偏差値70オーバー、偏差値20アップの生徒を続々と輩出した実績を持ち、圧倒的な指導力で高校国語、大学受験国語の基礎を一気に叩き込みます。

難関大学をめざす高1~2生で国語を伸ばしたいなら、札幌でこれ以上の環境はまずありえないと思っています。

過去実績のすべて


高校国語Advancedクラスとは?

「高校国語StartUpクラス」を受講していただいた生徒さんには、その次年度に「高校国語Advancedクラス」に進級していただきます。

また、高3生、高卒生など、基本的な古典文法、現代文読解法をひととおり勉強した生徒さんにも「高校国語Advancedクラス」に参加していただくことができます。

(Suクラスを受けずにAdクラスに参加する場合は、事前に「Webコース 基礎Lessonシリーズ」の受講が必要となります)


「高校国語Adクラス」では、さらに難易度の高い現代文教材、古文の長文読解教材を主として、Suクラスで学んだ基礎が完全に自分のモノになるまで演習を積み重ねます。

(北大、共通一次&センター&共通テスト、東大一橋、早稲田GMARCHの過去問を主に使用します)


高3生限定「受け放題」オプション

クラス授業のほか、動画でFiveSchoolsの国語全授業を受講できる「受け放題」オプションを追加していただくことも可能です。

特に入塾が遅かった生徒さんで「入試に向け速習で大量の入試演習を積みたい!」という場合におすすめしております。


体験授業動画

開講する日時

高校国語StartUpクラス

2020年度 毎週土曜日 19:00~21:00

2021年度 毎週日曜日 16:10~18:10(予定)


高校国語Advancedクラス

2021年度 毎週日曜日 18:30~21:30(予定)


※各年度は「3月から2月まで」です。

※スケジュールが合わない場合、オンライン受講も可能です。ご相談ください。


担当講師

村上翔平

講師紹介

・教科別専門教室FiveSchools代表

・「高校現代文をひとつひとつわかりやすく」著者

・「古文単語速読マスター500」著者

・「やさしい中学国語」著者

(著書はいずれも学研プラスより)

著書紹介


指導形態

クラス授業(定員15名)

※通塾が難しい場合でも、同じ内容をWebを通じて受講することができます。


対象となる生徒

高校国語、大学受験国語(現代文、古文、漢文、小論文)を基礎からマスターしたい生徒全員を対象とします。具体的には……


・高1~2生/中高一貫校の中3生

・FiveSchools「中学国語Advancedクラス」を修了した中3生

→1年間で一気に高校3年分の国語基礎を身につけ、受験へのスタートダッシュを切りたい生徒。原則としてSuクラスでの受講となります。


・高3生/高卒生

Suクラス

→基本レベルから受験国語をひととおり学びたい生徒

Adクラス

→高いレベルの受験指導を希望する生徒


対象とならない生徒

・塾則を守れない方

塾則一覧


・定期テスト、教科書対策を主な目的とする方

→古典文法・漢文法は扱いますが、教科書本文の対策は一切行わず、すべて「初見の問題」を読み解くことを目標とした授業を行います。教科書の指導を希望する場合は「FIVE学習会ハイスクール」に通塾していただくこととなります。


具体的な授業の流れ(現代文)

予習、宿題はほとんどありません。

授業内ですべてを消化し、家庭では「チェックテスト」に向けた復習を中心に行っていただきます。

①具体的な方法論(読み方、解き方、考え方)のインプット

②簡単な演習問題と、解答解説

③本格的な入試問題と、解答解説

④同じ文章を用いた「チェックテスト」と、解答解説


FiveSchools現代文は「チェックテスト」に大きな特徴があります。

一般的な学習塾では、授業後の「チェックテスト」を簡単なもの(授業を受けていれば誰にでもできるレベル)にして、生徒に自信をつけさせ保護者の満足を得ようとするケースが多いです。たしかに見かけ上の点数は高く出るでしょうが、結局授業とほぼ同じ問題を解き直しているだけなので、現代文の実力アップにはほとんど効果がありません。

FiveSchoolsでは、「チェックテスト」をテキストよりさらに難易度の高い「チャレンジ問題」として位置付けています。一度授業で説明された文章でもう一度解き直すのですから、より難易度が高いものにトライするのが当然だと考えています。たとえば……

・扱ったテキストが選択問題であれば、それを記述問題に変えて出題する

・テキストの重要箇所で、問題として問われなかった箇所を出題する

このように、「チェックテスト」それ自体を通じてさらなる実力アップができるようすべての授業が構成されています。


具体的な授業の流れ(古文)

予習、宿題はほとんどありません。

授業内ですべてを消化し、家庭では「チェックテスト」に向けた復習を中心に行っていただきます。


文法の授業

①基本知識(品詞・活用・係り結び・助動詞・助詞・敬語・漢文句形)のインプット

②演習問題と、解答解説

③「チェックテスト」と、解答解説

④すべての知識を教え終わった時点で「修了テスト」を行います。


毎年多くの新・高1生が、古文に挫折します。

その原因は、2つあるとFiveschoolsは考えます。

ひとつは、そもそも「現代国語文法」が理解できていないこと。

中学では国語文法指導が非常に軽視されており、本来高校入学前に理解しておくべき文法概念をほぼ理解しないまま高校に入学する生徒がほとんどです。ふだん使っている「現代国語文法」すら理解できていない状態で、古文の文法など理解できるはずがありません。FiveSchoolsでは、まずは現代語文法を理解することから指導をスタートします。それを足がかりとして古典文法を勉強することで、難しく感じていた古典文法が信じられないぐらいあっさりと理解できるようになります。

もうひとつは、高校での指導があまりに「丸暗記」に偏っていることです。

古文もあくまで「日本語」です。闇雲に丸暗記する必要など実はまったくなく、きちんと例文を使って仕組みを考えていけば、必要な知識は自然と頭に入っていくものです。また、そのように理解した文法でなければ長文読解のときに使いこなすことができません。


長文読解の授業

①時間を区切り、まずは本番の試験同様に問題を読み解きます

②内容が理解できない箇所をマーキング

③マーキングした箇所を講師が確認し、途中まで解説を行います

④解説の後、残りの箇所を再度自分で読解します

⑤文章すべての解説、問題すべての解答を終えたら、翌週に「チェックテスト」を行います。チェックテストは文法や単語、文学史など、細かいポイントまで出題します。


具体的な年間スケジュール(Suクラス)

(上・現代文/下・古典)

3月 評論の基礎、対比

   現代語文法の復習

4月 筆者の主張とは?

   活用と係り結び

5月 入試現代文演習

   過去・完了・打消の助動詞

6月 具体・抽象関係

   受身・使役の助動詞

7月 因果関係

   推量の助動詞

8月 小説の基礎、心情

   推量の助動詞

9月 設問への解答法

   敬語

10月 入試現代文演習  

   敬語・助詞

11月 複雑な心情把握 

   古典文法修了テスト 

12月 小論文の基礎

   入試古文演習

1月 入試小論文演習

   漢文の基本構造

2月 入試小論文演習

   漢文の句形 

※クラスの状況に応じて多少前後することがあります。

※年度途中で入塾する場合は、その時点での進度に追いつくために「新入会コース」を事前に受講していただく必要があります。

教材

・授業では、すべてFiveschoolsオリジナルテキストを使用します。

教材を購入する必要はありません。


・古典文法が修了した後、村上翔平・菊池淳一「古文単語速読マスター500」を用いた単語テストを実施します。(こちらはご購入いただく必要があります)

想定レベル

現在の偏差値、レベルは問いません

偏差値30台から60台まで伸びた例がいくつもあります。


ただし、授業の目標到達レベルを生徒に合わせて下げることはしません。

特に偏差値50に満たない生徒が十分な成果を出すには、授業中は最大限に集中し、帰宅後も毎回復習を徹底してもらう必要があるでしょう。

費用

高校国語StartUpクラス

月額 12500円+税(120分授業)

高校国語Advancedクラス

月額 15500円+税(180分授業)

※英語・数学・FIVE学習会など、他クラスと併用受講した場合は割引があります。


受け放題オプション

(現代文/古文それぞれ)

国語Su/Adクラス生 月額 11000円+税

その他の生徒 月額 22000円+税

※受け放題オプションは高3生のみ申込可能です。


よくある質問


入会に関するお問い合わせ

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8