• FiveSchools

2018年度 <2019.2> 道コン6回 中3社会

最終更新: 2019年2月23日

道コン第6回のレビュー、今回は中3社会です。


標準・裁量問題に分かれている科目は、原則として裁量受験生の受験部分しか扱いません。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

「どのように、何を復習したらよいかわからない」

「いつも道コンを受けっぱなしになってしまい、復習ができていない」

という生徒さんに向けて書いています。


道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

問2(2)Cはなかなか難しいですね。

イエスキリストが紀元前後なのは当然わかりますよね。


ただ、イスラームと仏教の成立年代は、なかなか覚えにくい知識だと思います。

歴史的な流れ、つながりから考えても答えを出す決定打が見つかりにくく、単純に暗記していたか、たまたまラッキーで当たったかじゃないと正解できなかったかな、と。


あとは特にないですね。

ごく基本的な問題ばかりなので、上位高受験生であれば全部解けなければダメです。


大問2

問4 地図を見ずに勉強している人は、こういう問題に対処できなくなります。

現中3生が今から地図を見て勉強し直す余裕はないでしょうから、現中3生はもうこういう問題でわからないものが出たら捨てるしかないかもしれませんね。


現中1・中2生は今からでも遅くないので、歴史の勉強でも常に地図を片手に、どのあたりの位置にあるのかをイメージしながら勉強を進めなくてはならない。


問5 「質問はよく読め」としか言いようがありません。

質問文を読むというのは、


「何が問われているのか?」

「何を答えなくてはならないのか?」


を拾い上げることなんです。

今回は「日本の景気はどのような状態でしたか?」と聞かれているんですよ。

だったら「好景気だった」とか「不景気だった」と答えないと答えにならないでしょうが。


大問3

問5(1)が細かいところを突く問題で、なかなか難易度高いですね。

あとは標準的な問題ばかりかと思います。


大問4

A 問2 大問2-問5で言ったのとまったく同じことです。

「何が問われているのか?」を意識せずに記述の答案を書くのはあり得ないんですよ。


「この国の産業はどのように変化した?」と問われていますよね。

だったら、どんな形で答える必要がありますか?


B 問1 もうちょっと正答率低いかな、と思ったんですけど、これは結構健闘していますね。

イの九州は畜産を見ればすぐわかったと思いますが、中部と関東は迷いやすいかな、と。

中部って、北陸も入りますからね。

なんとなく中部というと名古屋とか、東海のほうをイメージしてしまいがちですけど。


(以下宣伝)

★ 北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。



★ 2019「春期講習会」の概要も公開しました。

今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。


★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!

新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。


★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。

かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。


★Webを利用した、遠方からの受講生も募集しています。

札幌市外、北海道外の方でも受講が可能です。

料金設定など、実際の通塾とは異なりますので、一度お問い合わせください。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F