• FiveSchools

2018年度 <2019.1> 道コン5回 中2数学

最終更新: 2019年2月23日

道コン第5回のレビュー、今回は中2数学です。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

問5 中3生の道コンレビューではほぼ毎回言っていますが、資料・統計の問題はほぼ毎回出題されます。中央値、最頻値、相対度数あたりの基本概念は必ず次回までに復習してください。次もほぼ確実に出ます。


問6 回転移動という言葉を見て「中心からの距離が同じ」というイメージがわきますか? 距離が全部同じだから、垂直二等分線を引くことで答えが出るわけです。

細かい作図のしかたを全部覚えようとしてもなかなか難しいですからね。

原理原則に立ち返って「なんでその線を引くと答えが出るのか」をいちいち納得するようにしてください。


問7 中途半端な図形の面積・体積を出したいなら、「キレイな図形に、キレイな図形を足し引きすること」これが原則です。

そうすると、この図形を見て「円柱から、円錐をひけばOK」というイメージがわきますよね。


大問2

特にありません。簡単な問題です。

このレベルで難しいなら上位校では勝負になりません。


大問3

問2 %の処理は結構苦手な生徒が多いと思います。

たとえばxの90%を出す問題だとして、

「0.9x」と出すやり方と、「x(90/100)」と出すやり方、両方を身に着けておいてほしいところです。

今回のような問題だと、前者のほうが簡単に答えが出るはずです。

30%増しと言われたら1.3x、40%増しと言われたら1.4xと置けばいいだけですから。


大問4

関数の問題は、手を動かして「わかる数値」をひとつずつ出していけば、基本的に完答できる場合がほとんどです。

上位校を受ける生徒であれば「稼ぎどころ」になるジャンルなので、関数ができないと上位校合格はかなり厳しくなることを覚悟してほしいです。

中3になると2次関数も入ってきますからね。

この程度の問題が完答できないと、3年になって確実に数学が足を引っ張ることになります。


大問5

誘導が非常に親切なので、誘導に乗っかっていけば特に何ということもありません。


全体を通して、中3の数学に比べると簡単すぎて、何もコメントすることがないですね。

中2生は、来年の道コン数学はこんなレベルではなくなりますから、今までのような点数はまず間違いなく取れなくなりますので、その覚悟はしておいてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。


★ また、2019「春期講習会」の概要も公開しました。

今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。

くわしい内容は上記リンクからご参照ください。


★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!

新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。


★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。

かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。

★Webを利用した、遠方からの受講生も募集しています。

札幌市外、北海道外の方でも受講が可能ですので、一度ご相談ください。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F