• FiveSchools

2018年度 <2019.1> 道コン5回 中2国語

最終更新: 2019年2月23日

道コン第5回のレビュー、今回は中2国語です。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

問1 全体的に正答率が低いですね。

「踏襲」が難しいのはまぁわかるのですが、「交錯」を「こうさ」と読む人が非常に多いのは……。

数学で「錯角」ってやるわけですし、「さっかく→さくかく……そうか『さく』と読むのか!」という連想を持ててほしいところです。

「踏襲」も「舞踏会」とか、そういう言葉を引っ張りだせば正答できたかもしれません。


このように、読みの問題は「知ってる他の熟語から連想する」という技が有効な場合が多いんですね。

もちろん、その言葉の読みじたいを覚えることが最優先ではあるのですが。


問2 「余地」って、こんなに書けないものなんですね。

多くの人が「予知」と書いたのだろうと思いますが、文脈を確認しないまま漢字の答えを出してはいけません。


問3(2)① 句切れは「切れ字を探す→なければ『。』がつくところを探す」というプロセスで解きます。今回は切れ字がないので『。』がつくところ探しですね。


(3)敬語は、基本システムと最低限の語を覚えればすぐに点が取れるようになりますから、まずは「そもそも尊敬語とは? 謙譲語とは? 丁寧語とは?」この違いを自分で説明できるようになってください。

「相手を敬うのが尊敬語」とか言ってるうちは絶対点取れるようにならないですよ。


大問2

全体的に正答率高めですね。


問1は「会意」とか「指事」が出れば正答率下がると思いますが、象形文字の問題だったので容易だったのでしょう。


問2も、空欄の前後と、字数の制限からすぐ答えがわかってしまう。そのわりには正答率低いですね。

これ間違えた人は、空欄の前後確認を徹底したほうがいいと思います。


問3 記述とはいえ、直前の内容のほぼ抜き出しなので取りやすい問題ですね。


問4 小説の答えこそ「本文中の客観的証拠」をもとにして出さなければならない、という基本をもう一度確認してほしいです。


つまり「もりっち」の心情を示す証拠は本文のどこにあるのか?ということ。

解説にも書いてあるとおりですが、24~25行目しかないんですよ。

「いっぺんそんな仕事をしてみたかった」

つまり

「そんな仕事をできないまま人生が終わりそう」という意味だと理解できるはずです。


このように「本文の客観的証拠」をつかまえていない状態で答えを出せば、適当に脳内でストーリーを作るしかなくなる。

そうやって適当に脳内でストーリーを作った人がひっかかりやすいような選択肢を向こうも用意してきますからね。


問5 記述の初心者は、まず「中間点がもらえそうな、大事であろうポイント」を箇条書きにして整理するところからはじめましょう。

いきなり答案を書き始めると、だいたい必要なポイントを漏らしてしまいますので。そうすると内容的に正しくても半分しか点が取れなかったりするわけです。


今回の場合は、「世界がリアルに見える」「機械の中がわかる」「作った人まで見える気がする」「機械が世界とつながってる」

の4点をピックアップさえしていれば、確実に満点が取れたはずです。


ただ、もう一段階レベルの高いことを言っておくと、「作った人が見える」という表現はやや比喩的なので、作った人の「何が」見えるのか?まで説明したいところですね。

今回はそこまで要求されていませんが。


大問3

問1 品詞が分からない人は「やさしい中学国語」を読んでください。


問2 「16字」という制限があって、答えが直後にあって、これだけ正答率が低いのが解せませんが……

「服装を通じて、ほかの誰かとは違う自分を表現すること」あたりを書いたのでしょうか。


あくまで「自由であること」の意味なので、「自由」という言葉の意味とイコールにならないとダメですからね。

「服装で自分を表現する」というのは、「自由」のひとつの具体例ではあっても「自由」という言葉そのものの説明にはならないわけです。


問5 大問2ー問5と同様、

「1つポイントを見つけたからと言って安心しないで、漏れがないようにチェックせよ

ということですね。


「他者の評価に常にさらされること」

「すべてを自分で判断しなければならない負担」

が今回の答えのポイントですが、ほとんどの人は1つ目を見つけた段階で満足して、もう1つのポイントを書かずに終わったのだろうと思います。


こういう記述でポイントが1つしかないことはまず有り得ないので、

「他に点になりそうなポイントはないか?」

というチェックの目を持つことがいかに重要か、ということです。


あと、「息苦しさ」という傍線部の意味を意識することも大事ですよ。

「息苦しいこと」を本文から探さなくてはならないので、「息苦しさ」という意味を強く意識しておかないと、どこが答えのポイントなのかもつかめなくなってしまうわけです。


大問4

返り点は一度キッチリ勉強しておきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。


★ また、2019「春期講習会」の概要も公開しました。

今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。

くわしい内容は上記リンクからご参照ください。


★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!

新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。


★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。

かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F