• FiveSchools

2018年度 <2019.1> 道コン5回 中1国語

最終更新: 2019年2月23日

道コン第5回のレビュー、今回は中1国語です。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

問3以外は正答率も高めで、全体的にそんなに難しくなかった感じですね。


問3「誤字訂正」は基本できない生徒が多いです。

中2~中3になっても。

漢字にはそれぞれ漢字それ自体の意味がありますから、まずは単に流れ作業として書き取りをやるのではなく、漢字それ自体の意味を意識・理解しながら勉強していくこと。


もうひとつは、「同じ字を使う別の熟語」を考える習慣をつけることです。

今回だって「往復」が思い浮かべば点数取れたわけですから。


その他の問題については特にありません。


大問2

問1 単純に主語を問う問題で正答率50%ってちょっと衝撃的じゃないですか。

以前からこんなもんなのでしょうか。

主語がつかめないで、いったいどうやって英語を勉強しているのだろうか……。


文法が分からない人は今すぐ「やさしい中学国語」を買ってください。


問2 26字という条件があるから正答率が高かったものの、これが「25字程度」になった途端に正答率激減しますから。

「26字ジャストというヒントがなくても正解できたか?」

という自問自答は必要です。


問4 「バーバの状況を明らかにして」という条件を見落としてはいませんでしたか。

「問題文に正しく答える」ことは、国語に限らずどの科目でも必須の技術ですから、問題文で「何を求めているのか」「何を答えればいいのか」を素早くつかむトレーニングをしましょう。


それができれば、「気持ち」を答えるのも容易になったはずです。


問5 「~ことに加えて……」という形で書け、という制限があるから正答率が高めになったものの、中2~中3になるとこういうヒントは減っていきます。

問題文の指示がなくても


「他にもまだ『私が切なく感じていること』が本文中に書いているのではないか?」


と疑って、チェックをかける習慣を早めにつけることが重要です。


大問3

問3 これも今言ったことと一緒で、


「他にもまだ『日本語を習得しにくい理由』が書いてあるんじゃないか?」


と疑う姿勢を持つことです。

今回は「敬語の面」「文字・漢字の面」「文法構造の面」と3つの観点から「アメリカ人にとって日本語が難しい理由」が書かれているわけです。


すぐ後ろに「敬語」の話が書いてあるからと言って、敬語の話だけを答案に書いて満足している姿勢を続けると、国語で上位を取ることは難しくなります。

1つポイントを見つけたからと言って安心しないで、全体を読め」

この姿勢を忘れないように。


大問4

問1 歴史的仮名遣いで「う」がつく問題は要注意パターンですね。

もっと言うと、「ふ」がついたらさらに要注意です。


この意味が理解できない人は今すぐ「やさしい中学国語」を買ってください。


内容的には古文で難しい問題が出ることは少ないので、とにかく

「現代語と同様の言葉を探しながら、文章全体のストーリーをつかんでいく」

ことです。

「現代語と同じような言葉」をつかんでいくだけで中1~中2レベルの古文はほぼ満点取れますからね。

「古文=難しい」という先入観をさっさと捨てることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。


★ また、2019「春期講習会」の概要も公開しました。

今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。

くわしい内容は上記リンクからご参照ください。


★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!

新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。


★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。

かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F