• FiveSchools

2018年度 <2019.1> 道コン5回 中2英語

最終更新: 2019年2月23日

道コン第5回のレビュー、今回は中2英語です。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

問1 No.2は「noon」が聴きとりにくかったのが正答率を下げたのかな、と。

「noon=正午」がわかることが前提の問題なので、それがわからなければなかなか厳しい。


問3のようなスピーチ形式のリスニングは、3年生になると「質問文も選択肢もすべて英語」になりますので、一気に難易度が上がります。

2年生はそのつもりで準備をしておくように……


大問2

問1 これが正答率6割切るところが、今の英語教育の問題点を如実にあらわしていますよね。

be動詞と一般動詞すらわかっていない生徒がこれだけ大量にいるということですから。

Areを選んでいればまだマシですけど、DoとかDidを選んでいるとすれば重症ですので、根本的に英文法の基礎からやり直さないと未来はありません。


問3 この問題を解くために必要なことは


「前後の意味をとらえて、『寿司レストランに連れていった』という意味であることを推測する」

「『連れていった』がtookだということを知っている」


この2点になります。

これだけ見れば「なんだ、基本問題じゃん」と思うでしょう?

で、正答率は10%なんですね。


文の意味の推測ができていないのか、tookを知らないのか、どちらなのかはわかりませんが……。


あと、間違うにしても、せめて「動詞」を書いてくださいよ。

この問題で、動詞以外の語を答えに書いているとするならば、問1ができていない人と同様か、それ以上に重症です。


問4 正答率15%ですが、これも「何のせいで間違ったのか」を分析しないと意味がないです。


「日本語と英文の対応をさせられなかった」

「because、thinkを知らなかった」

「三単現でミスった」

「~がある、という意味のhaveを知らなかった」


おそらくこれらの中のどれか、あるいは複数だと思うので、自分が何がわかっていないのかをまずは明らかにしてください。


大問3

問1・問2を間違ったということは、単語力不足としか言えないでしょう。


まぁ問2は正答率低いですけど、leaveは別に難しい単語ではないですからね。

goを書いた人が多いんでしょうかね?

goにした人は、一度文を訳してみてください。意味が通っているかをチェックして答えを出す、という姿勢もすごく大切ですよ。


問4は、have toに、さらに不定詞の副詞的用法が組み合わせられた並び替えなので、そのわりに正答率4割強なのはわりとがんばったほうなのではないでしょうか。

まぁ定期テストで不定詞やった直後だから、というのもあるのでしょうか。


問7 正答率19%ですが、こういう「疑問文への答え」は手順が決まりきってますから、コツつかめばすぐ正解できるようになりますよ。

まずは、疑問文の中から主語&動詞を見つけて、主語は代名詞に直すこと。


今回は、Naoko and her motherだから「They」にすればいいわけです。

動詞は「talk about」ただし過去の文なので「talked about」にする。


ここまでは単純な機械的作業です。

で、あとは本文の中から「散歩中に母と娘が何について話していたのか」を見つければOK。

すると、二人で散歩をしている15行目あたりに答えがあるだろうことが容易に判断できます。


今回に限らず、毎回解き方は同じですからね。


大問4

特にありませんが、「Can you」とか、「show 人 物」とか、中3になってもよく出る文法、構文がまとまっているので、わかっていないものがあれば全部覚え直してください。


いわゆる「大モノ」の文法として教えられない知識なので、中3になるとこのへんが抜けてしまって、そのヌケが失点につながってしまうんですよね。


不定詞とか比較のような「大モノ」文法は当然重要ですが、それだけでは中3道コン、学テ、入試とは戦えません。

地味な文法事項、地味な構文こそ復習を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。


★ また、2019「春期講習会」の概要も公開しました。

今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。

くわしい内容は上記リンクからご参照ください。


★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!

新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。


★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。

かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。

★Webを利用した、遠方からの受講生も募集しています。

札幌市外、北海道外の方でも受講が可能ですので、一度ご相談ください。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F