• FiveSchools

2018年度 <2019.1> 道コン5回 中1英語

最終更新: 2019年2月23日

道コン第5回のレビュー、今回は中1英語です。

このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。正答率などのデータは道コンHPに記載があります。

大問1

中1の場合は、リスニングの技術どうこうというよりも、そもそも文の意味が理解できるかどうかだと思います。

スクリプト(解説に載ってる台本)を読んで完璧に理解できないのであれば、そもそもの単語力、文法力がやばいということ。

リスニング対策よりも、まずはそっちの土台を構築しないと、中2以降の英語はかなり厳しい戦いになってしまいます。


リスニングの小手先の対策としては、「先に絵を見て特徴をつかんでおく」とか、そういうのもありますけどね。

そういうことじゃないんですよ。特に中1レベルの場合は。


大問2

問1 疑問文を決定するときは、必ず「答えの文」を確認して、文脈がつながるかどうかを確認しないとダメですよ、というのが1つ。


もう一つは、答えの文が「Yes/No」なのか、そうでないのかを確認しないとダメですよ、ということ。


問2 「指示語は前から答えを探す」ぐらいのことは、今どきの中学生はだいたい知っていることでしょう。

「前から探す」よりも先に、「指示語を含む文の意味をとらえてから答えを出す」というのを徹底してください。


今回の場合は「父ちゃん母ちゃんも、それらを聴く」と言っているわけですから、父ちゃん母ちゃんが「聴くもの」じゃないと答えには絶対になれないわけです。


そうすると、前から「聴くもの」を探せばいいだけじゃないですか。


問5 正答率が8.7%。すごいですね。

最低、中1生が身につけておくべき最低限の英文法がわかっていれば、2秒で答えが出る問題なのですが。


最初の(  )にhasを入れている人が、twoを間違うとは考えにくいので……


It have two.にしてしまった人が多いのでしょうか。

まぁ、それなら「三単現を忘れた」だけなので、まだ救いがあるんです。

最初の(  )に、haveでもhasでもない、ワケのわからない単語を入れてしまった人がやばいんです。


この問題を「どう間違えるか」で、どの程度英文法が壊滅的なのかが透けて見える問題ですので、ぜひ「どのような間違い方をしているのか」まで見てほしいと思います。

単にマルなのかバツなのかではなく。


大問3

問1 正答率は6割弱なのでそんなに低くはないんですけど、「後置修飾」の並び替えを出すとは、なかなかいい問題じゃないですか。


この問題を「なんとなく」ではなく、文法的に確信をもって正解を出せた生徒は中2以降も問題なく伸びていけると思います。


問3 この問題が、正答率51%しかない事実。おそろしいですね。

何のヒネリもない、ワークの基本例題のような問題でコレですから。


やっぱり、中1生の英語力を知るには「一般動詞の疑問文・否定文」を書かせてみることですね。ここができていないのを放置していると、中2以降どうがんばっても上には行けませんから。


大問4

問1(2)や問4のように、「疑問詞が名詞を修飾する文」はやはり正答率が低いですね。

「誰を」「誰の本を~」

「どれが~」「どの車が~」

「何を~」「何の色を~」

この左と右の違いをすぐ理解できないと、こういった問題は対処が難しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。

★ また、2019「春期講習会」の概要も公開しました。今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。くわしい内容は上記リンクからご参照ください。

★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。

★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。


★Webを利用した、遠方からの受講生も募集しています。札幌市外、北海道外の方でも受講が可能ですので、一度ご相談ください。


教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F