• FiveSchools

春期特別講習会2020の詳細/2020年2月道コン(中3②)

最終更新: 3月23日

2週連続の金曜更新で失礼いたします。

もはや「木曜コラム」ではなく、このままだと「金曜コラム」になってしまいますね。

「金コラ」。


ということで、今日は前回ヒートアップした感のある道コンレビューの続きを書かねばならないのですが、時節柄なによりも春期講習、そして新学期の告知をしなければならないのです。


それでは、告知事項以下のとおりです。

Five Schoolsに入塾を検討されている方は、かならずお読みいただき、必要なクラスについてお申し込みをお願いいたします。


告知1 鷹取先生クラス初回授業&無料体験

ちょっと先の話ですが、前回ご案内した鷹取先生による「水曜・中3入試対策クラス」の初回授業、その内容が決定しました。

初回の授業は「無料体験」も兼ねますので、受講希望の方はフォームよりご連絡ください。


「高校入試対策Advancedクラス・初回&無料体験授業」

日時:4月8日(水)18:30~21:30

内容:第1回中3道コン解説会

持ち物:筆記用具、第1回中3道コンの問題、答案、解答


※4/3(金)に行われる「第1回道コン(中3)」を受検していることが参加要件となります。Five Schoolsでも受検可能ですので、希望される方はその旨フォームに記入してお申し込みください。


道コン受検料 

内部生 2000円+税 

講習会/体験授業に参加される外部生 4000円+税


告知2 春期特別講習会

春休み期間に行う「春期特別講習会」日程と内容を決めました。


Five Schools、今年度はチラシなどを出さない方針で運営する予定です。

当塾に興味を持ちそうなご友人などいる場合、お薦めやご紹介まではしていただかなくてもよいのですが、情報として当塾の存在をお知らせくださるととても助かります。


春期特別講習会「高校英語」

(映像授業 全3回を予定)


内容:「英文の基本構造を理解する/5文型を理解する」

対象:新高1~高3生

※3月に「高校英語Suクラス」を受講する生徒さんは、受講の必要ございません。

担当講師:村上翔平

費用:9000円(税別)


春期特別講習会「高校国語」

(映像授業 全3回を予定


内容「現代文 対比関係を理解する/古文 品詞と活用を理解する」

対象:新高1~高3生

※3月に「高校国語Suクラス」「高校現代文Adクラス」「高校古文Adクラス」を受講する生徒さんは、受講の必要ございません。

担当講師:村上翔平

費用:9000円(税別)


春期特別講習会「中学英語」

(映像授業 全3回を予定


内容「名詞/英文の基本構造/疑問文、否定文、疑問詞」

対象:新中1~中3生

※3月に「中学英語Suクラス」「中学英語Adクラス」を受講する生徒さんは、受講の必要ございません。

担当講師:村上翔平

費用:9000円(税別)


春期特別講習会「中学国語」

(映像授業 全3回を予定


内容「読解 説明文の攻略方針/文法 文の成分/文法 品詞」

対象:新中1~中3生

※3月に「中学国語Suクラス」「中学国語Adクラス」を受講する生徒さんは、受講の必要ございません。

担当講師:村上翔平

費用:9000円(税別)


春期特別講習会「Five学習会スペシャル 中2」

(クラス授業 240分授業×全5回)

3月25日(水)17:00~21:00

3月26日(木)17:00~21:00

3月27日(金)17:00~21:00

3月28日(土)17:00~21:00

3月30日(月)17:00~21:00


内容:中2生「中2道コン過去問演習」

対象:新中2生

担当講師:新谷奈菜・村上翔平

費用:Five学習会を受講している内部生 追加費用なし(自動申込)

Five学習会を受講していない内部生 10000円(税別)

外部生 20000円(税別)


春期特別講習会「Five学習会スペシャル 中3」

(クラス授業 240分授業×全5回)

3月24日(火)17:00~21:00

3月26日(木)12:30~16:30

3月27日(金)12:30~16:30

3月31日(火)17:00~21:00

4月1日(水)12:30~16:30


内容「中3道コン過去問演習」

対象:新中3生

担当講師:村上翔平

費用:Five学習会を受講している内部生 追加費用なし(自動申込)

Five学習会を受講していない内部生 10000円(税別)

外部生 20000円(税別)


※新中1向けの「Five学習会スペシャル」は実施いたしません。


北海道学力コンクール2020年度第1回 中1

テスト 4月2日(木)12:00~16:00

解説会 4月7日(火)19:00~21:00(担当:村上翔平)


北海道学力コンクール2020年度第1回 中2

テスト 4月2日(木)16:30~20:30 

解説会 4月9日(木)19:00~21:30(担当:村上翔平)


北海道学力コンクール2020年度第1回 中3

テスト 4月3日(金)12:00~16:30

解説会 4月8日(水)18:30~21:30(担当:鷹取史明)


道コン費用(解説会込み):全学年共通

内部生 2000円(税別)

講習会生 4000円(税別)

外部生 8000円(税別)


4月からの入塾を希望される生徒さんへ

4月から以下のクラスに参加を希望される生徒さんは、対応する「春期特別講習会」あるいは「Webコース」を受講するようお願いいたします

「春期特別講習会」の日程が合わない場合は、動画での受講も可能です。

「春期特別講習会」を受講して入塾される場合は、入会金の割引がございます。

12500円+税 → 6500円+税


「中学国語Suクラス」への参加希望 → 春期「中学国語」

「中学英語Suクラス」への参加希望 → 春期「中学英語」

「中学国語Adクラス」への参加希望 → Webコース「中学国語基礎Lesson」

「高校国語Suクラス」への参加希望 → 春期「高校国語」

「高校英語Suクラス」への参加希望 → 春期「高校英語」

「高校現代文Adクラス」への参加希望 → Webコース「現代文基礎Lesson」

「高校古文Adクラス」への参加希望 → Webコース「古典文法基礎Lesson」


以上のクラスを修了しだい、クラス授業にご参加いただくことができます。


「中学英語Adクラス」

「中学数学Adクラス」

「中学理社Adクラス」

「高校数学Suクラス」

への参加を希望される場合は、生徒さんの学年・状況に応じて対応が異なります。

個別にご相談ください。


「高校受験対策Advancedクラス」

は4月開講ですので、事前受講しなければならない授業は特にありません。


道コンレビューの続き 中3数学

それでは道コンレビューの続きです。

理数は、とてもいい問題だっと思います。


数学なんか特に難易度バランス的にもちょうどよく、

「こんな問題45分で解ける中学生いるわけねぇだろ」みたいな満点阻止的問題もなく、

どの問題も

「あー、ちゃんと考えれば解けたのに!」

と思わせてくれるような非常に良いところを突いた出題だったのではないかと思っております。


大問2

問4 理科でよくある「見掛け倒し出題」と表現すべき問題でしょう。

パッと見、すごく難しそうに見えますよね……

でも、計算の必要すらなく、ただ図の中から、問題の指示にしたがって、指し示す場所をチェックするだけで答えが出るという……

このように、問題文の文字量が多いからと言って、それで気おされてはいけないのです。心を強くもちましょう。


大問3

問3 変に深読みした生徒が沼にハマってしまったのかな、と思います。

数学がそれなりに得意な生徒ほど、必要のない「場合分け」に手を出してしまいそう。

(わたしも最初「場合分け」を要求されているのかと身構えてしまいました……)


大問4

問2 「2次関数の最大・最小は、必ず実際に手を動かして描いてみる」これに尽きます。

1次関数みたいに「両端を代入」してはだめ。


問3 模範解答は「等積変形」で解いているようですが、

「台形の面積から、△を2つ引き算」

のほうが楽じゃないですかね??


いつも言っていますが、発想力がさほど求められず、ちゃんと状況を具体的に整理して、適切に手を動かしていればどうにかなる可能性が高いのが関数分野です。

できるようになれば安定して高得点をキープしやすいジャンルですので。


大問5

「困ったら、二等辺三角形を使えないか探してみよう」

これ、ありがちな状況ですので、脳内にストックしておいたほうがいいと思います。


大問6

問1(2)2+2√5と答えた生徒多そう……。


問2 これも関数で言ったように「実際に手を動かして描いてみる」ことが最優先。

ちょっと(2)は厳しいかもしれませんが、時間を気にせずじっくり手を動かして絵を描いていけば、ちゃんと答えにたどりつけると思いますよ。やってみてください。


問3 これも、裁量のラストにしては取り組みやすい問題ですよね。

むしろ(1)のほうがやり方思いつかなかった生徒多いかも。

(2)なんて、単なる「三平方+円錐の表面積」の融合ですからね。

計算ミスせずに最後まで求めるのはなかなか難しそうですけど「やり方がわからない」「何をしていいかわからない」という上位校受験生はそんなにいなさそう。


中3社会

大問1

問2 ②で「ムハンマド」って答えた生徒いましたね……

いや、この並びを見たらそう入れたくなる気持ちはわかるけど……

読みましょう。問題文。

問題文はあなたの味方です。


問6(1)消費者関係で出る法律なんて「基本法」「契約法」「PL法」ぐらいですからサクッと覚えてしまいましょう。

公民で出てくる法律名は、どこまで覚えるべきなのか難しいところはあるんですけどね。

でも、このぐらいは。


大問2

問1 「平安時代の中で並び替えが出ると正答率が下がる」のはわかりきっているので、対策を打ちましょう。

もう当塾では「平安時代のできごと」を講習会があるたびに順番に唱えまくっていますからね。Five Schools生にとってはこんなものは基本問題です。できて当然。


問5 これで正答率低いって、もしかして、アレですか。ロクのハラさんですか……

だいたいどの時代も「前の時代の権力者を監視する役所」を置きますからね。

これは時代ごとに整理しておくべきですよ。


鎌倉→六波羅探題

室町→鎌倉府(&鎌倉公方)

江戸→京都所司代&大阪城代


問6 問題としてはどうということもないんですが

「ついに、平成が歴史として扱われはじめた」ことを実感する問題ですね……

昭和は遠くなりにけり。


大問3

問4 ドント式の方法間違えて覚えている人いません?

前の数の1/2を繰り返していくんじゃないです。

常にもとの数を起点にして、1/2、1/3、1/4……と繰り返していく。


今回のA党だと、900→450まではいいんですけど、その次を225にしてないですか。300ですからね。


大問4

A 問3 鷹取先生のブログをご参照ください。

わたしもコメント欄で一部登場いたします。


B 問2 Aで「金沢」って答えた生徒が続出していましたね……

中3理科

なんかみんな難しい難しい言ってましたし、道コンの評価も★★★★★になってますけど、言うほどではないような気も……。


大問2

問2 gじゃなくてLで答えさせる形式じたいはちょっとめずらしいかもしれませんが、やることはいつもの比の計算だけ。


問4 「物質ごとの密度のイメージ」が持てない人は、周期表を20番まで覚えてしまうことをおすすめします。

水兵リーベ、僕の船のアレです。

H He Li Be B C N O F Ne Na Mg Al Si P S Cl Ar K Ca

これが要するに「原子が軽い順番」で並んでいるわけですから、NのほうがOよりも軽いということです。

だから、窒素は空気よりも若干軽く、酸素は空気よりも若干重い、という判断もつく。


大問3

月食に金星という、宇宙分野の中でも「そこまで勉強の手が回ってない」生徒が多そうなところを突いてきました。

これの平均点が全体的に低いのはまぁわかります。

金星は月と比べて勉強してしまえばそんなに難しくないので、あきらめないで取り組んだ方がいいと思いますよ。

月の満ち欠けを理解できている生徒なら、1日ちゃんと勉強すれば解けるようになりますから。


大問4

基本問題だらけなので、ここは上位校受験生なら余裕でクリアできるでしょう。


大問5

問1(1)の作図はちょっと混乱しやすい。

「●印を全部使え」「交差させるな」という条件を破って✕になった人、あと一歩でした。

(2)以降の問題は、ただひたすらWの計算をしていくだけなので何も難しくないはずなのですが、これだけ得点率が低い。

難しくないのに得点率が低いということは、ちょっと勉強すれば差をつけられるということ。

電気は、ラストの追い込み期間で鍛えるべき分野かもしれません。


問2(2)は数学の文章題みたいな問題でちょっと面白かったですね。


中3英語

大問3

問1(2)so~that構文になっていることを見落としてveryを入れた人が多いのでしょう。

これは見落としやすいですね。嫌なところを突いてきます。


大問4

問3 こういう「~してくれませんか」「~しましょう」系の穴埋めは、最後がクエスチョンなのかピリオドなのかを確認する習慣を。


問6 これ、正解できた人は相当英語力ありますね。もっと正答率低いかと予想していました。

形容詞/副詞の語形の違いを意識している中学生が5%もいるんですね。


しかし、これ何がすごいって解説なんですよ。

こんな良い問題作っておいて、解説で一切形容詞と副詞の話に触れない。


解説:「want+<人>+to~で、<人>に~してほしい」という意味



前回の記事で「道コン問題作成者と解答解説作成者まったくの別人説」をとなえましたけど、やっぱり別人でしょこんなのw


大問5

問2 これ、make O Cの構造にはなかなか気づかないでしょうね。

できた人に拍手でしょう。いい問題だと思います。


問5 これも、後ろがmeじゃなくてIであることから「これは比較だな」と判断できないと手も足も出ないはず。

ちゃんと教科書レベルで勉強したことを、裁量にふさわしいレベルの問題に昇華しているので、今回の裁量は全体的にいいなぁと思っています。

英作文は書きやすい題材でしたね。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F