• FiveSchools

2020年1月道コン(中3)/新入荷書籍

最終更新: 1月19日

3月からのリニューアル・オープンに備えて、公式サイトの工事を少しずつ進めています。


今のところはトップページ講師紹介著書紹介しかできていなくて、あとは今後少しずつ作っていこうかと。


作成予定のコンテンツとしては、

・国語コース

・英語コース

・数学、算数

・理社、入試演習

・入会までの流れ

・想定問答

あたりでしょうか。

何か他に作ったほうがいいものありますかね。


サイトはまだこれからですが、体験授業はもうスタートしてます。

中学国語 1月19日(日)13:00~15:00

もう今週末なんですね。がんばって良い内容にします。残席2です。

今年度、最も満員締切になる可能性が高いコースだと思います。


中学英語 1月26日(日)13:00~15:00

思った以上に体験申込がガンガン入ってまして、満員御礼、締切となったと思いきやキャンセル出ましたので残席2です。


当日は保護者の方も含めて教室がほぼ満席、人でいっぱいな状態になることが予想されますが、実際の授業はたぶんそんなに人いないので……

「人が多すぎるので入会したくない」とか言わないでいただけると助かります。

正直、開塾以来完全に人が入り切れなくなる体験授業は初めてなんですよね。

(いわんや通常授業をやをや)


小学生コースは笑ってしまうぐらい何の反応もないので、新小5・小6生については個別に体験できるようにします。

一度体験してみたいという方はご連絡ください。


あっ、そうそう。

塾のリニューアル・オープン&名称変更に伴い、ロゴも一新します。

もちろん製作担当は当塾の誇るスペル・ディセニャドーラ、マエストラ・ナナ・シンヤです。

サンプル見せてもらいましたけど、めっちゃかわいいですよ。

まさに経営者のキャラにぴったりなロゴが誕生する予定です。


道コンレビュー

では、今週と来週でこないだの1月道コンの感想などなどを書いていきます。

中3のほうが緊急性が高いでしょうからまず今週は中3をやって、来週に中1~中2をまとめてやれたらいいですね。

無理だったら3週に分けるかもしれません。


中3国語

大問1

標準問題の漢字が結構難しめですね。今回。

問3の(2)「気が置けない」「役不足」も定番ではありつつも、模試でこういうのが問われるのは案外珍しいかも。


大問2

問3(1)は、おそらく「古着は洗濯する」みたいな答えが多いことでしょう。

そう、問題文に「小型家電回収ボックス」と書いてあるので、古着、関係ないんですよ。

ただ、前も言いましたけど、こういう「問題文の細かい注意点を見落とさないようにする能力」って、国語のテストで問うべきものなのかということ自体に強く疑問を感じます。

国語って、注意力テストじゃないと思うんですけどね。

いかにも「ヒッカケてやるぜ」という罠感が満載の問題じゃないですか、これ。


大問3

問2 最近、こういう「フライング選択肢」の出題が多い気がします。

傍線部1の場面だと、まだ守屋さん、謝ってないので……。

仮に内容的に適切だったとしても、タイミングが間違っていれば誤りになるのが小説のひとつの特徴です。


大問4

問4 おそらく設問の条件をチェックしきれず、解答に必要な要素を欠いてしまった人が多いことでしょう。

「目をそらさずに見ることは、何のために必要なのか?(目的)」

「目をそらさずに見ると、どのようなことにつながるのか?(得られるメリット)」

この2つの設問要求が問題文に含まれています。

最近の高校入試国語における記述では、このように「複数の質問」がひとつの問題に含まれるケースが非常に多いので、

「何が問われているのか?」

をモレなく問題文からチェックしないとだめなのです。


大問5

ちょっと全体的なあらすじがつかみにくい話だったかもしれませんね。

「兼家」「夢解き」「大江匡衡」の3名が人物として登場していることを認識できたでしょうか。「兼家」が見た夢の内容を、「夢解き」と「大江匡衡」がそれぞれ別の解釈をする(「大江匡衡」の解釈が正しく、「夢解き」の解釈が間違っていた)というストーリー。

「夢解き」が動詞からの転成名詞なので、人物ではないと解釈した人が多かったのかもしれません。

正直、高校入試古文は「注をちゃんと読む」かどうかで思いっきり点数が変わるので、とにかくまず「注のチェック」を怠らないように習慣づけをしてください。


全体を通じて

難易度的には「まぁこんなもんかな」というレベルでしょう。

記述問題が全体的に問題設定が細かく、満点はなかなか取りにくいはず。記述と古文で決定的に差がつく回かのかな、と。


中3数学

大問3

問2 「AさんBさん合計で16点」「AさんがBさんより高い(=8点どうしということはありえない)」という条件の段階で

「Aさん 10/Bさん 6」

「Aさん 9/Bさん 7」

以外の選択肢はないんですよね。たった2つしか可能性ないんですから、あとは実際にこれらのケースを加えて中央値出してみればそれでよかったわけです。

数学って

「一般化していくべきか」

「それともただ具体的事象をカウントしていくべきか」

の判断をつけなくてはならない場面が多いので、その見極めも力のうち、というところでしょうか。


大問4

問3 三平方使ってもできますけど、図を自分で書いていれば

「これって合同じゃね?」

と気づけるのはではないでしょうか。


大問6

問1(2)これも大問3-問2と同様

「さっさと具体的事象を考えてカウントしてみた人の勝ち」

という問題かな、と。

「たとえば42だったら、どうなるだろう?」

「じゃあ35だったら?」

と、2つぐらい具体例を自分で考えてやってみたら、わりと正答までたどり着けると思いますよ。

(数え間違いはしやすそうな問題ですけど……)


問2(2)これは面白い問題だなぁ、と。

高校数学の知識(等差数列)があれば簡単なんですが、それ無しで正解にたどりつくのはなかなか大変。これ正解できた人はかなり自信持っていいのではないでしょうか。


問3(1)これ、正直カンタンだと思ったんですけど、正答率的には問2(2)とほとんど変わらないんですね。

「最短距離=展開図書いて直線で結ぶ」

というだけだと思うのですが……


問3(2)時間があれば三平方使ってゴリ押しで体積求めることもできるし、正直そこまで難易度の高い問題ではないんですけど、まぁタイムオーバーですよね。

逆に時間かければわりと最後まで(特別なひらめきや発想がなくても)解けるはずなので、練習として時間無制限でやってみても勉強になると思いますよ。


全体を通して

前回が前回だっただけに易化といえば易化ですけど、特に簡単な回とは言えない、そこそこの難易度をキープした回だったかと思います。

大問4が簡単だっただけで、大問3とかはなかなかヒネリが効いてましたしね。


中3社会

大問1

全て基本的な問題で、上位校受験者ならできれば1ミスぐらいでクリアしたいところ。


問5(4)のようにエリアを中国に限定した並びかえは比較的珍しいので面食らったかも。ただ、選択肢どうしの時代が結構離れているし、大まかな歴史の流れを理解していれば難しくないので取れてほしい問題。

問6(2)「市場価格」で間違えた人が多そう。「市場価格」と「均衡価格」は何が違うか説明できますか?


大問2

問1のXで明治と答える人が続出するでしょう。「大戦景気=第1次世界大戦」「第1次世界大戦=日本でいえば大正時代」というイメージを持っているかどうか。

問4 室町~江戸の文化はよく出るし、覚えにくくて苦手としている人が多いぶん差がつきやすい。「北山」「東山」「安土桃山」「元禄」「化政」に分けて、該当する人物、ジャンル、作品を一度一覧表っぽく整理するといいですよ。

問6 普通選挙関係の中では1925と1945の違いを理解できているかどうかは重要です。よく出る。今回は問われていないですが、グラフの「有権者の割合」もある程度覚えておいたほうがいい。

問7 いい問題ですね。今回の社会でいちばん「道コンさんもやりますなぁ」と思いました。ア~カまで、それぞれどういう経済状態だったか順を追って説明すると、それが戦後の大まかな経済史の整理になるんですよね。「この問題を使って戦後経済総復習しろ!」という道コンからのメッセージですよ、これは。


大問3

特にコメントすることは……全問取ってほしい問題です。

問3みたいな問題はひとつずつ面倒くさがらずにチェックすれば絶対正解でますので、面倒くさがらないようにしましょう。


大問4

A 問1 「南樺太get=ポーツマス条約」って、案外出ますよね。盲点になりがちなので確認しておいてほしいです。ただ、今回の問題は消去法的に解いても「日露」しかないですよね。だって「ロシアから日本が土地をget」という段階で日露戦争しかないじゃないですか。なぜ日清戦争と朝鮮戦争で日本がロシアから土地を奪えるのか。


B 問2 これ正答率どうなるでしょうね。「こんな問題見たことない!」と思ったと思いますが、解説で説明されている考え方以外にも、消去法的に解くこともできますよ。

だって「日本の現状の電力」という段階で原子力はありえないですし、地熱といえば九州、大分なわけですから。とすると、その時点でイしか答え残らないわけです。


全体を通じて

ところどころ答えにくい問題、目のつけどころが新しい問題はあるので満点はなかなかとれないと思いますが、トータルで見れば標準的~やや簡単ぐらいでは。


中3理科

大問1

問5の地震計、問6の染色体がなかなかイヤなところを突いてきますね。

今回の理科、難しいというよりもこういう「そこを聞いてくるか……」みたいな問題が多かった気がします。


大問2

問2(2)Yは「水素イオンの数」じゃなくて「水素分子の数」なんですよね。

ダマされるところだったぜ……

ただ、内容としては基本的な化学電池のしくみがわかっているかどうかなので、そもそも問題の意味がよくわからないという人は基本から復習しないとダメですね。

問4もそうです。

問3も大問1と同様に、なかなかイヤなところを突いてきますね。


大問3、大問5、大問7

いずれも基本問題だらけです。


大問4

今回の理科のヤマ場ではないでしょうか。特に問1(3)の②。

問われていること自体はわりと基本なんですが、問題文設定の読みとりの複雑さが全体の中でナンバーワンなので、ここで大きく点を落とした生徒とそうでない生徒がハッキリと分かれてくるように思います。

問1(1)そもそも「屈折角」がどこの部分を示しているのか。6と答えた人が多そう。


大問6

問2、問3は「力学的エネルギー保存の法則」の基本的な考え方を分かっていればすぐに答えが出るのですが、めちゃくちゃ正答率低いですね。

特に複雑な読み取りもなく、定期テストレベルの問題のはずなんですけど……。


全体を通じて

大問1がいつもより得点しにくい、大問4がなかなか難しいというのはあれど、大問357が超簡単で、特にいつもはもっと複雑な問題が出される物理分野の問6が大したことなかったので、打ち消し合って全体的には標準レベルにおさまったのかな、と。


中3英語

大問3

A 問1 dangerousは「主語=危険なモノ」になってしまうので、I was dangerousにすると「俺も昔はヤバイ奴だったんだぜ……」という、昔ワルだった自慢をする痛い人間になってしまいます。


A 問3/B 問2

こういう問題は「SVO関係」は質問文から機械的に決定されるので、余計なことを考えずに質問文のSVOをチェックしてください。

Aの問3は質問文が「did it take」なんだから、答えは「It took」からはじまるに決まってるんです。

Bの問2は質問文が「can you teach to them」なんだから、答えは「I can teach~(to them)」に決まってるんです。

言い方はアレですが、ここは「頭を使わず自動決定する」ぐらいのつもりでいいです。


大問4

問4 「tell/ask/want 人 不定詞」の構文アタマに入っていたかどうか、でしょうか。

こういう地味な構文は並び換えで狙われやすいので、「make 人 形容詞」とか「It for to」とかとあわせて確認しておきたいですね。


問6 これができないって、要するに後ろの「if」以下の内容を見てなかったとしか考えられませんよね。傍線問題、空欄問題ともに

「文はかならずピリオド(国語なら句点)まで読んで、文の単位で意味をとらえる」

という基本中の基本に立ち返りましょう。


大問5

文章がなかなか面白いですね。それぞれの人物に明確なキャラ付けがされていて、このまま学園日常マンガとか作れそう。個人的にはReikoのウザ空回り感が嫌いじゃないです。Sakiがちゃんとリーダーらしいのもいい。

問2が難しいですね。間接疑問文の、しかもwhoseで、後ろに名詞が伴うパターンで、しかもそれが主語になっていて、さらにそれが「It for to」とセットになっているという。

その反面問5が定期テストレベル。


全体を通じて

難易度的には普通だと思います。


その他日常

新入荷の本のご紹介です。

もちろん閲覧・貸出OKですので読みたかったらいつでも言ってください。

立川こしら「その落語家、住所不定」

落語界の中でも結構変わった師匠による「家を持たない生活」の本です。

わりと名の売れている真打ですし、当然カネがないから家を持たないのではなく、意図的に、あえて、合理性を追い求めた結果「家、いらなくね?」と言う結論に至ったという話です。

常識にとらわれずに、「自分にとって何が必要か」を自分で考える姿勢を学べるという意味で、ある意味とても教育的な作品と言ってよいでしょう。

ある意味とても教育的なので、塾書庫導入を決意しました。


吾妻ひでお「失踪日記」「アル中日記」

昨年逝去された吾妻ひでおさんの、最も有名な作品のひとつと言えるでしょう。

特に「アル中日記」のほうは、絶対アル中になってはいけないぞという強い決意を読んだ者にもたらしてくれるでしょうから、ある意味非常に教育的な作品と言ってよいでしょう。

ある意味非常に教育的なので、塾書庫導入を決意しました。


宇仁田ゆみ「祝!できちゃった結婚」

「うさぎドロップ」でスマッシュ・ヒットを飛ばした作者ですが、わたしはなぜか宇仁田さんの作品をデビュー当初にジャケ買いして以来ずっと応援していたものです。


タイトルはなかなかインパクトあるんですけど、本当にタイトルどおり

「思いがけず妊娠したカップルが、出産・結婚をどのように迎えていくか」

を重くない筆致でドキュメンタリーに描いた作品なので、ある意味かなり教育的な作品と言ってよいでしょう。

ある意味かなり教育的なので、塾書庫導入を決意しました。

「うさぎドロップ」ラストのような展開はまったくありませんのでご安心ください。


荒川弘「百姓貴族 1」

弘ってヒロムって読むんですね。

ヒロムって言ったらねぇ。どっちかというとわれわれ的には高橋のほうを想像してしまうのですが。


「ある意味教育的な作品」が主体の当塾書庫で、わりとストレートに教育的な作品を導入してみました。2巻以降はまだ買ってないですけど追い追い。

「銀の匙」も全巻買いましたけど、ちょっとスペース上の都合でまだ書庫には入れていません。新しい書庫買ったら「銀の匙」も入れます。

(限界を迎えた当塾書庫の様子)


くにのいあいこ「庭のざぶとん犬」など




わんこ




かわゆす




先日、スペル・ディセニャドーラ、マエストラ・ナナ・シンヤに当塾事務スタッフ1名をくわえて新年会やりました。

ちなみにこの事務スタッフは事務も担当していますが、そもそも約37年前にわたしを生産した実績があり、彼女がいなければ当塾の存在はおそらくなかったことでしょう。そういう意味でも当塾最大の功労者と言ってよいかもしれません。

うまかったんですけど、酒量的に若干やりすぎたのはいなめないところです。

まぁそんな日もある。


基本的にまったくと言っていいほどチーズ食べられなかったんですけど、今やひとりでガンガン注文するようになってしまいました。というかだいたい呑んだらチーズたべてると思う。


以前は「ハード・チーズはちょっと……カマンベールぐらいならなんとか……あ、でもウォッシュうま……」みたいな感じだったんですが、このごろはハードだろうがブルーだろうがちゃんとした生産者が作った品であればだいたい食べられるようになりました。

でもやっぱりウォッシュがいちばん好きかなぁ。


酒量といえば、こないだいただきもののシャンパーニュを開けました。

いつも呑んでる1500円のチリ・スパークリング・ワインもそれはそれでうまいんですけど、やっぱりモノホンは違いますよね。

たいへんおいしゅうございました。ありがとうございました。


その他告知事項

特別講習「公立入試理科『出題予想』とその対策」

※ 外部生の受講はできません。

日程・時間 1月27日(月)19:00 ~ 21:30

担当講師  鷹取 史明 先生(学びや むげん代表)

https://www.fiveschools.com/post/191114-elementary-japanese3


・2020年度の当塾業務体制について

塾名を「教科別専門教室Fiveschools」に変更し、各教科別の単科指導を核とした進学塾へとリニューアルします。

https://www.fiveschools.com/post/191128-fiveschools

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F