• FiveSchools

2018年度 <2019.1> 道コン5回 中3英語

最終更新: 2019年2月23日

道コン第5回のレビュー、今回は中3英語です。


※ 標準・裁量問題に分かれている科目は、原則として裁量受験生の受験部分しか扱いません。

※ 特にコメントすることのない問題は何も書きません。コメントしていないからと言って、その問題が良くない問題だと言っているわけではありません。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。


「どのように、何を復習したらよいかわからない」という生徒さんに向けて、「今回の道コンでは、ここをこのように復習すべきである」というビジョンを書いている、と思ってください。


道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

特にコメントするべきことはないです。

比較的点数のとりやすい、ごく標準的な問題だと思います。


正直、上位高志望者で、このレベルで3つ以上間違っているようだと本番もかなり厳しいと思うので、市販のリスニング対策本でもいいので取り組んだほうがいいかな、と。


問3は、いつも言っていますが「2回目が勝負」です。

1回目は「全体のおおまかなストーリー把握」と「質問文の把握」に集中して、無理に答えを出そうとしないことですよ。

1回目でつかんだ大筋と質問文を利用して、2回目で正解を確定していくつもりで。


大問3

A-問1 これで裁量正答率2割って、bornを知らないのか、空欄の意味の捉え方を知らないのか。

意味的には、札幌への引っ越しに乗り気ではないおばあちゃんが


「私は函館で(   )、そして80年間函館に住み続けてきた」


と言っているわけですから、「生まれて」という意味になることは理解できるはずです。

その推測じたいはできていて、bornを知らなかったのなら仕方ありませんので、過去分詞・不規則変化をがんばって覚えてください。


「生まれて」という意味が入るんだな、ということがそもそもわからなかったのであれば読解力/読解方法に難があるということです。


A-問3/B-問2

疑問文への答えは、要するに


「与えられた疑問文を肯定文に直して、オウム返しする」

「代名詞でないものは代名詞にする」

「その後に来る『答え』を本文から発見する/自分で考える」


というだけなので、ほぼ機械的な流れ作業で正解を出せるはずなんです。

なんですが、疑問文の動詞が「do」のときは、動詞の内容じたいを考える必要がありますから、若干難度が上がる傾向にあるのかな、と。


大問4

職場体験の話、好きですよね。

過去何度見たことか。


問3 間接疑問文のド基本問題ですが、これで45%ですか。

うちの生徒で「where to V」を書いてきた生徒がいましたが、それだと意味が変わってきますので、残念ながらアウトです。

「where to V」だと、「どこでやったらいいか/どこでやるべきか」というように、「これからやるべき、未来的な内容」を表す意味になるので。

今回は「(過去に)働いた場所」を問う問題なので、不適切になるということです。


(まぁ「where to V」というわりと地味な文法事項を覚えていたのはそれはそれでエライのだけど)


問5 裁量正答率32%。

こういう「手紙の穴埋め」問題はわりと難度が高いことが多いですけど、そもそも「文構造」を把握してから答案を書いてますか?

それと、空欄を含む文全体の意味を把握していますか?


今回はwillの後なんだから、確実にVの原形から書かないとダメでしょう。

それと、主語は「those things=職場体験で得た多くのこと」なんだから、つまり全体が


「職場体験で得た多くのことは、あなたが将来について考えるときに(   )でしょう」


という意味になる。

この(  )の内容にハマるもので、「動詞の原形+1語」で書けるものを発見せねばならないわけです。


このような「絞り込み」をやらずに、適当に答えを書いても当たるわけがない。


まぁ、今回は接続詞thatの文内に、さらに接続詞whenが組み込まれていて、しかもthose thingsという指示語の内容も明らかにする必要があるわけですから、それなりにハードルの高い問題だとは思うのですが。


大問5(裁量)

問2 「ウェブサイトを作った」という答えを書いて△になった人が多いのでは。

空欄の直前に「started to」があるので、それだと「ウェブサイトを作り始めた」になってしまうので、意味的に若干おかしいですよね。

「~しはじめた」というのは、ふつう継続的にずっと行っていくことに使うじゃないですか。

ウェブサイトを作るというのは「1回作れば終わり」なことなので、今回はイマイチなわけです。


問3 文全体の時系列がかなりわかりにくかったので、これはなかなか難しかったでしょうね。英語はわりと時間制限が厳しいテストなので、解く時間がなくて終わってしまった人も多かったことでしょう。


国語でもそうですが、こういう「時系列で並べる」問題で、本文に出てくる順番がそのままイコール時系列ってことは考えにくいですからね。


問5 大問4-問5と同様、文構造を把握しましたか?という問題。

主語が「all of them=メロンが香港に(  )」なんだから、「売られた」という意味になるのは明らかですよね。

過去形にしなかったとか、あるいは「was」にしてしまった人も多いでしょう。

前も言いましたが、「動詞の形」というのは常にケアレスミス再頻発ゾーン(本来ケアレスと呼ぶべきではないが)再頻発ゾーンであり続けてきたわけです。

最初からミスるとわかっている場所なんですから、何か動詞を書くときは、常に「主語と時」のチェックを習慣づけることです。


「忘れないように努力する」のではなくて「習慣づけ」ですよ。

(以下宣伝)

★ 今日、北大ファイブ「2019年度」の時間割を公開しました。


★ また、2019「春期講習会」の概要も公開しました。


今回は、新規生向けに

「受講料0円」

キャンペーンを実施します。


★ 好評いただいた「新中1準備講座」、3月まで定期的に開催します!

新中1生の方は相当受けやすくなりましたので、これを機会にぜひどうぞ。


★ 中学生向け「国語単科コース」の開設が決定しました。

かねてからリクエストの多かった「高校受験国語」の専門コースです。


教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F