• FiveSchools

ノート文字論

特定の誰かに限った話ではないのですが、うちの塾生諸氏を見ていてちょっと思うのは、

「字が小さい」

ということ。

「汚い」じゃなくて、「小さい」。


きれいだと言っているわけでもないので注意)


バカみたいにでかい字を書く必要はないですけど、小さいよりはバカでかいほうがよっぽどマシです。

アレもコレも小さい字で書きこんでしまうと、結局ノートを見返してもワケがわからなくなりますし、何よりも


「計算ミス」の大きな原因

となりかねないからです。

小さくゴチャゴチャと書かれた字は、採点者どころか、そもそも


本人が読めない/読み間違える危険性が高い。


「自分で書いた字ぐらいは読めるよ!」

と思いますか?

わたしも字がきれいではないし、油断すると判別しにくい字を書いてしまう人間なので経験があります。

(大学の二次試験で盛大にやらかした過去)


6と8と0の書き分けとか、意識せずにグチャグチャっと書くと本当に読み間違えますよ。

本当は150なのに、156だと思って計算してしまって、すべての問題が×になったら悲しいじゃないですか。あと、


「字と字の間の間隔がせまい」

これもいけません。

数学の場合、「イコール」の記号と「マイナス」の符号をちゃんとスペースを取って書かないと、重なって見えにくくなるんです。


で、プラマイを逆に計算するというのは、計算ミスの代表中の代表、


キング・オブ・ザ・計算ミス


じゃないですか。

明らかに計算ミスが発生すると分かりきってるんですから、「気合でミスを防ぐ」とか眠たいことを言ってる場合じゃないです。


計算ミスが起こりにくくなる「システム」

を作っていかなければならない。

そのための重要な工夫が「字の大きさ」であり、「字の間隔」だと言いたいわけです。


ということで、ノートやルーズリーフをケチるのだけはやめましょう。

ルーズリーフをガンガン使いまくるのは「無駄遣い」ではありません。

堂々と、大きな字で書いて、紙がなくなったら……


塾にいくらでも備え付けています

いくら使っても文句は言いませんから、思う存分使いまくってください。

その分成績を上げてくれればわたしはそれでいいんです。

最新記事

すべて表示

入試出題範囲カットで何が起こるのか?

ご承知のとおり、先日2021年度の北海道公立高校入試に関して 「出題範囲カット」 の発表がありました。 ふだんはあまりこういうニュースに反応してブログを書いたりはしないのですが、今回ばかりは相当程度に影響の大きい変更ですし、今後の見通しについて不安を抱いている方も多いと予想されます。 あくまでも私見ではありますが、この変更によって何が生じると予想されるのか、そしてどのように対策を取っていくのがよい

合格実績についての基本姿勢

八反田先生による講座紹介シリーズもついに終わってしまい、ひさしぶりに自分でブログを書く日が来てしまいました。 本当はここでものすごくふざけた、無内容無意味な記事を書いて「やっぱり村上先生は一味違う」と思わせたいところなのですが、さすがにタイミング的にそうもいきません。本日は超まじめな記事となります。 昨日今日と「実績」欄の閲覧件数が妙に多くなっています。 やっぱり気になるものでしょうか。 今のとこ

小学国語・英語についての覚書

サイトリニューアルにしたがって、従来のサイトに載せていた内容を消してしまうので、でも結構いいことを言っていたのでブログに残しておきますね。 当塾の小学英語・国語に対する基本的な考え方ですので、通塾ご検討の方はぜひお読みください。 小学英語コース 小学校「英語」が教科化される。 このニュースはまたたく間に世間に広がりました。 しかしこのニュースが高校受験・大学受験にどれだけの影響をおよぼすのかは、ま

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8