• FiveSchools

偏差値が上がらないと思っている人へのメッセージ

最終更新: 2018年12月6日

中3生・高3生・高卒生の人は、いくら勉強しても点数が上がらない、偏差値が上がらない、と悩んでいる人も多いことでしょう。


そもそも、偏差値とは何でしょうか。

偏差値とは、つまり全体の中での位置づけです。

あくまでも相対的なものであって、努力すればただ伸びていく、と保証されたものではありません。


「もともと自分と同等だった人」が、自分と同程度の質で同程度の努力をして、同程度に実力をつけていたら、いくら自分が努力していたところで偏差値は変わらない。

そして、中3生・高3生の今の時期で、受験勉強をがんばっていない人なんてあまりいないわけです。


あなたは今がんばっている。それは事実でしょう。

でも偏差値は伸びていない。

つまり、周囲と「同程度」の成果しか出せていない、ということです。

(逆に言えば、がんばっていなければ偏差値は下がる、ということです。

中3なのに、中2生のような勉強しかしていなければ、当然偏差値はただただ下がっていくばかりです。下がっていない、という段階で、人並みの努力はできている、と言ってもいいかもしれません。)


じゃあどうすればいいか。

闇雲に手当たり次第に問題を解くだけではダメです。

だって、そんな勉強法はみんながやっていることだから。

みんながやっていることを同じようにやっていたら、さっきも言ったとおり偏差値は「変わらない」だけです。


じゃあどうするか。

他の人よりも


「的確に」

「自分ができないところだけを」

「効率的に潰して」

「できるようにすればいい」


これしかない。

自分ができる問題をいくら解きなおしたって、点数なんて上がるわけがない。

でも、自分の得意分野、すでにできている問題を解くのって、気持ちいいでしょう。

人間は弱いので、油断するとつい

「もう勉強しなくても取れる部分」

「自分の得意な教科・好きな教科」

ばかり勉強してしまうものです。


一応外から見れば勉強している風は装えますから、親も文句は言わない。

我が子はがんばっているのだな、と思う。


しかし、そんなものは勉強ではないのです。

「できないものを、できるようにする」のが受験勉強です。


このような考え方に立てば、あなたが今手に持ってる、道コンの答案・学テABCの答案が宝の山だということに気づくはずです。

もう一度、問題と答案を出してきましょう。

そして、一度やった問題でもいいから、もう一回やってみるのです。

「余裕でできたザコい問題」なんてやらなくていいですよ。


間違った問題

合ってたけど、迷った問題

合ってたけど、適当に書いたらたまたま当たってた問題

当時はできたけど、今見たら忘れてる問題


こういう問題にターゲットを絞って勉強する、それが受験勉強です。

そして、できない分野・できない単元を見つけたなら、そこを丸ごと復習すればいいわけです。

「丸ごと」というのがポイントですよ。

「安山岩」がわからないからと言って、安山岩だけ覚える勉強ほど非効率的なものはありません。

「管領」がわからないのなら、室町時代の基礎的な流れの復習と、執権・老中・大老との比較もしないと。


受験勉強というのは、アタマを使ってやるものです。

勉強それ自体にアタマを使うということもありますが、何に、どのぐらいの時間を割いて、どの程度までできるようにすればいいのか

短い時間で、点数を上げるにはどうすればいいのか

それを考えることも「アタマを使うことのうち」です。


時間は限られています。

闇雲にただ問題を解くのをやめて、

「本当にその勉強は、あなたの点数を上げるのに役立つのですか?」

こう自問するところからはじめてみなければならないのです。

勉強しているフリをするのはもうやめましょう。

そんな時間はあなたにはありません。

もう一度言います。時間は限られています。


1~2年生へ

以上のメッセージは、主に「受験生」に書いたものですが、

これを読んでいる低学年の人も、当然気づきますよね?

3年生になってから努力しても、なかなか簡単に成果は出ない。

だったら、成績を上げるチャンスはいつなのか、ということ。


1、2年(特に1年)で努力するほうが、圧倒的にコストパフォーマンスが高いんですよ、受験勉強って。

別に部活をやるな、習い事をするな、遊ぶな、というつもりはありませんが、24時間の使い方、一週間の使い方、時間の使い方を一度考えてみたほうがいいのではないでしょうか。


「3年の夏からで間に合う」説を信じてはいけませんよ。

「3年の夏からで間に合う」人は、3年の夏までもそれなりにちゃんと勉強してきた人だけです。


部活やってる人は、自分の部活で考えてみればわかるでしょう。

中1からずっと部活やってる人、そのへんのド素人の帰宅部のヤツが、

「半年練習すればオマエに勝てる」

と言ってきたらどう思いますか?

あなたが言ってる

「3年の夏からで間に合う」

というのは、それと全く同じことなのですよ。


……なんか、非常にまじめな記事が続いてしまっているので、そろそろ来週あたりはラーメンの話でもしますか。

・・・・・・・・・・・・・・・

北大ファイブ公式チャンネル


冬期講習のご案内はこちら!


新刊

「やさしい中学国語」

12月18日発売です。

最新記事

すべて表示

入試出題範囲カットで何が起こるのか?

ご承知のとおり、先日2021年度の北海道公立高校入試に関して 「出題範囲カット」 の発表がありました。 ふだんはあまりこういうニュースに反応してブログを書いたりはしないのですが、今回ばかりは相当程度に影響の大きい変更ですし、今後の見通しについて不安を抱いている方も多いと予想されます。 あくまでも私見ではありますが、この変更によって何が生じると予想されるのか、そしてどのように対策を取っていくのがよい

合格実績についての基本姿勢

八反田先生による講座紹介シリーズもついに終わってしまい、ひさしぶりに自分でブログを書く日が来てしまいました。 本当はここでものすごくふざけた、無内容無意味な記事を書いて「やっぱり村上先生は一味違う」と思わせたいところなのですが、さすがにタイミング的にそうもいきません。本日は超まじめな記事となります。 昨日今日と「実績」欄の閲覧件数が妙に多くなっています。 やっぱり気になるものでしょうか。 今のとこ

小学国語・英語についての覚書

サイトリニューアルにしたがって、従来のサイトに載せていた内容を消してしまうので、でも結構いいことを言っていたのでブログに残しておきますね。 当塾の小学英語・国語に対する基本的な考え方ですので、通塾ご検討の方はぜひお読みください。 小学英語コース 小学校「英語」が教科化される。 このニュースはまたたく間に世間に広がりました。 しかしこのニュースが高校受験・大学受験にどれだけの影響をおよぼすのかは、ま

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8