• FiveSchools

2018道コン第4回(英語)

道コン第4回のレビュー、今日は英語です。


※ 標準・裁量問題に分かれている科目は、原則として裁量受験生の受験部分しか扱いません。

※ 特にコメントすることのない問題は何も書きません。コメントしていないからと言って、その問題が良くない問題だと言っているわけではありません。


このレビューの目的は、読者の皆さんにひとつの「復習の指針」を持ってもらうことです。

「どのように、何を復習したらよいかわからない」という生徒さんに向けて、「今回の道コンでは、ここをこのように復習すべきである」というビジョンを書いている、と思ってください。


道コン受験者は、問題を手元に置いて読み進めることをおすすめします。

正答率などのデータは道コンHPに記載があります。


大問1

リスニング、全体的に簡単だったと思っています。

ていうか、第3回のリスニングってスピーカーの声がこもっていてすごい聴き取りにくいと思ったのはわたしだけでしょうか。

今回は明瞭に話していて、話の内容もわかりやすく、スパッと満点取れていてほしい問題だと思います。

今回のリスニングで3つ以上間違えるのは上位高志望者としてはかなりマズイと思うので、何らかの対策をしたほうがいい。


問1 

まず問1は、放送始まるまでにちょっとは時間あるんだから、絵の相違点をちゃんとチェックしないと。


①なんて、「漢字か英語か」「愛か夢か」を聴き取れば正解がでるんだな、ってわかるわけです。

「愛か夢か」というのを見て棚橋弘至と内藤哲也を想起したプヲタ中学生はいませんか、いませんよね。


②もそうですよ。「テニスなのかバスケなのか」「やるのか見るのか」。


③の地図系問題は、前回が結構難しかったんですけど、今回は道案内のド基本表現ばっかりなので楽でしたね。

Go straight とかTurn right/left at~とか、on your right/leftとか、教科書で出てくるこのへんの表現を覚えていればよかった。


問2と問3は、いずれも「直前の質問が命」です。

質問が聴きとれるかどうかがすべての運命を左右するので、全体のストーリーとともに「質問文」に全身全霊を集中させましょう。


大問3

リスニングで時間を食うので、後半の長文読解にそんなに時間的余裕がないことをまずは意識しないとダメ。

そりゃ数学ほど時間足りなくなるわけじゃないでしょうけど、大問3にチンタラ時間かけている暇などない。

満点取って当然レベルの問題だと思いますけど、それだけでなく2~3分で終わらせるぐらいのつもりで行ってほしいですね。


B-問1② 

レディースデーでやられる人が多いのは問題見れば指導者なら一瞬で見抜くわけです。

逆に言えば、生徒諸氏も案内文を見た段階で「どうせレディースデーがヒッカケに使われるんでしょ」と見抜くことができるはずなんです。

国語の「資料A~Cを使う問題」もそうですけど、意味のない情報が問題文にわざわざ書かれるはずないんですから。


大問4

without以外は難易度的にも決して難しくないですね。

大問5に時間を残すためにも、ちゃんとタイム・マネジメントをして、余裕をもって終わらせねばならない。


問1 practiceのスペルがちょっと心配でしたが、うちの塾生は全員ちゃんと書けてた。よかった。


問5-① withoutを知らないと正解するのは難しいですけど、少なくとも文法的に「前置詞」が入るよな、という発想は持ててほしいです。

直後がingなのでbe動詞を入れた人も多いでしょうけど、前のschoolはどう考えても主語ではないし、andのような接続詞もないので、カタチ的進行形にはなれない。


大問5

正直、内容問題のクオリティが……

選択肢を読むだけで答えがわかってしまう問題が多すぎると思います。


問1 

問われているのが「ネットの長所」であることから、アはまず正解にならない。

アは「ネットなしでは生きていけない」

これだと、長所の説明になってない。「どうしてネットなしで生きていけないか」ネットのメリットを言わないと「長所」にはならないので。


イ「ネットには悪い情報がない」

エ「ネットにはそれほど問題点がない」

そもそも内容としてウソなので、正解になるわけがない。

本文一切読まなくても答えはウだと分かってしまう

(アを×だと見抜くのはちょっと難しいかもしれませんが、国語講師的には「すごくよくあるパターン」です。)


問3も、「ネットの短所」と「その対策」なんだから、短所に合わせた内容を選ぶだけで答えが出るわけです。

問題としてどうなんでしょうか。これは。


逆に言えば、いかに「問題文」の内容を読むことが重要か、ということです。

国語も英語も。もっといえば他の3科目も、です。


問2 

問1・問3のクオリティはどうかと思いますけど、問2の並べ替えはいい問題ですね。すばらしい。

・want 人 to Vの知識

・不定詞どうしを接続詞でつなぐ

という、ちゃんと文構造と意味を理解していないと解けない。

適当に英単語を並べるだけの勉強をしてる人には太刀打ちできないでしょう。


問4 

これも、正答率こそ低いですけど、いい問題だと思いますよ。

これこそ裁量問題、と思います。


英作文

もうとにかく

・ミスをしないこと → できるだけ自信のある、簡単な表現を利用する

・質問の条件に合っているかどうか確認する

この2点だけです。


積極的に難しい表現を使った生徒がバカを見るテストはそれはそれでどうかと思うんですけど、まぁ現実は減点法で採点されるわけですから仕方ないです。こんな英作文、満点取って当然です。1点も落とすな。

以上!


次回は数学か、社会か、どっちにしようかなぁという。

いずれにせよ近日中に書きますので、引き続きお付き合いいただければ。



冬期講習のご案内はこちら!

部活で忙しい、という人

期末テストで「このままではマズイ」と思った人

受験勉強をはじめようとしている人

を歓迎します。お問い合わせはお気軽にどうぞ。


新刊

「やさしい中学国語」

12月18日発売です。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F