• FiveSchools

2018道コン第3回(社会)

以前、10月の第3回道コンについて教科別にいろいろ書いていたんですけど、英数国を書いたところで満足して理社について全然書いてなかったんですよね。

いや、忘れていたわけじゃないんですけど、新刊の告知とか定期テスト対策とかいろいろあってですね。

あまりブログに割く時間がなかったというか……


しかし、なにせ今週末にはもう第4回道コンがあるわけですからね。

今日書かずにいつ書くというんだ。

ということで、やっていきましょう。


大問1

まぁ基本だらけでしょう。


問2-3 

平安時代の並び替え問題は、保元・平治とか菅原道真とかを絡めてくると難度が上がるんですけど、今回は「桓武・平将門・壇ノ浦」だけですからね。

こんなものは超基本的な流れだけで解けますから、決して落としてはいけない問題。


まぁ、超基本的な流れ、と言っても、だいたいの中学生は「流れ」を踏まえた勉強ってしないですからね。一問一答の勉強とか、単なる語句丸写しの写経しかやってないような生徒にはこんなクソ簡単な問題ですら難しく感じるのかもしれません。

うちの塾生は違いますけど。


問3-1 

管領って、こないだも出ませんでしたっけ? 好きですね、管領。

と思ったら、妙に正答率が低い。

管領を答えさせる問題で、裁量で4割程度なんですか。

ド基本だと思っていたんですが……。

せっかくなので、ちゃんと執権・管領・老中・大老の区別がついているかをこの際一緒に確認してください。


問4 

地形図は苦手な人結構多い印象ですけど、基本的な地図記号をとにかく覚えてしまえばいいんですから、覚えましょう。


問5 

これの正答率が4割切ってる意味がよくわからないのですが、もう資料の読み取りとか出された時点でサジを投げてしまっているのでしょうか。

(  )工業地帯と書いてて、中京でも京浜でもないんですから、その時点で秒殺だと思うのですが……


大問2

問2 

ウラル山脈はややマイナーぐらいの問題なので、なかなかいい所突いてくるじゃないか、と思ったんですが、これの正答率が4割超えてるんですよね。で、大問1の問5が4割切るという。

本当に世の中学生は一問一答的な勉強しかしてないんだろうなぁ、ということが透けて見えるような気がします。


問3 

アパルトヘイト、と答えることはできても、アパルトヘイトとは何か説明しろ、と言われると詰まってしまう生徒は多そう。

基本的な語句を覚えるときは、やっぱり語句と意味説明を両方やらせないとダメですね。

地味だけど、こういう問題は好きです。


問4 

うちの塾生も、これは取れてない生徒が多かったんですよね。

国がタイであることが分かっていながらも、宗教をキリスト教と選ぶ生徒もいたり。

タイ=仏教国というイメージを、中学生はそもそも持っていないという前提で指導をしなければならんのだなぁ、と、ちょっと指導者として反省した問題です。

いや、インドネシアとかが聞かれたならそれなりに難しいと思うんですよ。でもタイはなぁ……。


大問3

問1 

イとウで迷った生徒が非常に多いことが予想されます。

鉄道開通の時期と、ラジオ放送の時期の、どっちが明治時代かを当てるという問題ですね。

わりと社会が得意な生徒でも、明治以降の文化はあまり覚えてない人が多いでしょうから。


問2 

と思ったら、問1よりこっちの方が正答率低いんですね。

鎌倉がどこにあるかを知らないということなのか。

まぁ関東圏に住んでれば、鎌倉の場所なんて皮膚感覚でなんとなくわかるんですけど、北海道から出たことないと仕方ないのかもしれません。

さっきのタイの問題同様「こんなこと、教えなくてもわかるっしょ」という先入観を指導者サイドはよくよく排除する必要がある。


ていうか、なんでこの問題が完全解答なんでしょうね?

鎌倉の場所がわかることと、御成敗式目が北条泰時であることは知識としてぜんぜん違う内容なわけで、個別に点数を付与すべきものだと思うんですけど。

この問題に限らず、中学生の問題って完全完答を乱発しすぎな印象があります。

完全解答って、「本来切り離せない知識を一体のものとして問う問題」に使うべき採点方法だと思うんですよ。

なんか、単なる難易度調整というか、正答率を下げるためだけに意味もなく完全解答にされてる気がしてしまう。


今回でいえば、大問1-問1の5もそうですよ。

大問2-問4の2もまぁそうですね。

阪神工業地帯がわかることと、山口県が瀬戸内エリアであること、

ASEANに入っているかどうかと、その国の宗教が何かということ、

これらはきわめて関連性のうすい知識じゃないですか。


いや、合わせて1点というなら話はまだわかるんですよ。

でも、これを完全解答2点にするなら1点ずつバラで点あげればいいじゃん、と思うんですけどね。


大問4以降は、そんなにコメントするようなことはないかなぁ……。

核家族の定義を聞く問題とかはわたしはすごく好きですけどね。

「当たり前のように使っている用語も、ちゃんと毎回定義をおさえておかないとダメだよ」といういい教訓になると思うので。


本当は理科も書こうと思ったんですけど、社会だけで結構長くなってしまったので一旦締めます。

第4回が終わるまでには理科も書かねば。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F