• FiveSchools

アルコールチェッカー

教室も平常どおりの運営にもどり、金曜から着々と進んでおります。

小6生のクラスもスタートし、人の出入りもちょっとずつ増え始め、雰囲気的にも学習塾っぽさが出てきたような気がする今日子の吾郎です。


さて、いつもどおり話はまったく異なる方向に展開します。


地震の直後に飲酒運転関係のなかなか強烈な事件がブッ込まれてきましたね。

そういえば、呼気のアルコール量って測定したことないよなぁと思って、Amazonで買ってみました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N35X1D8/ref=pe_2107282_266464282_TE_dp_1


ナンボほど飲むと、どれだけのアルコールが検出されるのか実際にやってみようではありませんか。



ビール1缶とハイボール小さいのを飲んだ直後です。この段階で運転して捕まっても免停です。要するに店でジョッキ1杯飲んだだけだから大丈夫、とか言ってられないということです。



ハイボール3杯とビール1杯をのんだところです。

ハイボールはそこそこ濃いめです。

運転したら余裕で免許取り消しの数値ですね。

ちょうどいい感じでまわってきたなぁという頃合いでコレですから、やはり飲んだら乗るな、酒は飲んでも飲まれるな、です。


さらにハイボールを1杯投入しましょう。



あれ?元に戻ってる。どういうことだこれは。

測定のしかたが悪かったんでしょうか。

よくわからないので、もう一杯ハイボールを投入しましょう。

と思ったら炭酸が切れたんで、しかたなく水割りで。

ちなみにウイスキーは角を使用しています。



おっ、かなり横山やすしの記録に近づいてきました。こんな状態で車運転するとか無理ですよこれは。ただ、先ほどとの数値のギャップがあまりにあんまりなんで、20分ほど置いて最測定してみますか。



うん、20分置いても変化なし。

やっぱりもう0.50overなのは間違いないですね。

あ、この測定器0.50以上は検出しないようなので、もしかするとやすし超えを果たしているのかもしれません。


測定を終えて

0.50~0.60という数値は

「もう飲み過ぎてにっちもさっちもいかない」

「前後不覚」

っていう状況じゃなさそうなんです。

「いい感じでまわってきたなぁ、よっしゃもう一軒行こっ」

とすすきので言ってるお父さんのレベルなんですよたぶん。

そのレベルでもう0.50とか0.60の数値になってるわけですから、やはり「この程度飲んだくらいなら大丈夫だよー」という甘い考えで運転をしたりしてはいけないんですね。

測定誤差については気になるところはあるものの、結論としてはこのように結論づけてもよいのではないでしょうか。


乗るなら飲むな、飲んだら乗るな。

それでは皆様、ご安全に。また毎週。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F