• FiveSchools

タイタン

さて、地震でした。

困ってしまいますね。

震度3程度で目を覚ますことはまず有り得ないわたしですが、さすがに起きました。

起きたと同時に電話から緊急地震速報が鳴りだして、夢かうつつかわからない、今何が起こっているのかわからない状態が0コンマ数秒続き、「あっこれあの時(3.11)と同じだ」となり、朦朧としたまま避難体制に入りました。

3.11のときはまだ石油会社で人事をやっていて、あの日は京大の院生を会社の研究所に呼んで会社説明会やってたんですよね。

会社紹介のDVDを流していた途中に地震が発生し、みんなで机の下にもぐって、結局朝まで会社にいたわけですが。

研究所は横浜の海側にありましたが、揺れの規模的にはかなり似たものがありました。

まぁ結果的に自宅はゴルフバッグと香水のビンが倒れる程度で特段被害はなかったのですが。

電気はなぜか比較的早く(翌日の15時ごろ)回復したので、自宅に関してはスムーズに日常的生活に戻ったものの。

信号が停電していて、家から塾までは車で30分以上かかるわけで、急いで塾へ行って渋滞に巻き込まれたりしても参るな、と思い翌日は塾にも行かず。

で、結局その翌日にようやく塾に行ってみるも、結果電気はまだついておらず、目の前の信号も停止していて、警察官がふたりで誘導している状態でありました。

この日琴似が通常どおりの状況になっていれば日曜日から授業再開しようかなぁと思っていたのですが、これはやめたほうがいいと判断し、13日(木)までは授業はやらないことに決定。

当塾の特徴として、地元じゃないところからの生徒さんが多いというのもありまして、やはり南のエリアのほうが停電も長引いていたらしく。

余震の心配も、電気の完全復旧も「1週間程度」とアナウンスがあったので、だったら1週間は休んでおこうかと。

いや、わたしが授業したくないわけではないのですよ。

仕事はしたい、心からやりたいのです。(澄んだ瞳)

ということで、物流などもろもろが落ち着くまで、生徒・保護者のみなさまにおかれましては、安全を最優先に生活を通常にもどすことを考えていただければと思います。

生徒諸氏は特に他にやることがないなら勉強してくださいね。

やることはいっぱいありますよね。

メールでも連絡しましたが、自習室利用は事前に連絡してくれれば通常どおり可能ですので。

しかし、わかっていたことではあるものの、早期に備蓄など、地震・災害対策を考えないといけませんね。

とりあえず、当塾はわたしが飲むようにミネラルウォーターだけは箱買いしてあって、地震発生のときも25リットル以上あったんですよ。

これも今後はちゃんと災害用備蓄としてルール化しておこうと思います。

ただ、それ以外に特に備蓄をやっていたわけではないので、いろいろ調べて、やれることはやっておくことにしましょう。

あとはキャビネとか靴箱の倒壊対策ですね。

これはもともとやろうと思っていて、工事の打ち合わせもやっていたんですが。

今回は結果的になんともなかったですけど、早めに対策完了すべくやっていかねばなりません。

ということで、授業がまだ数日実施できないもので、その間に教材の準備、代ゼミのテキストの予習、そして某原稿の最終ゲラチェックと、授業以外にやるべき仕事をできるだけ処理しておくことにします。

それではまた毎週。

失礼いたします。

教科別専門教室​FiveSchools

〒063-0811​​

北海道札幌市西区琴似1-2-6-8

ライオンズマンション琴似2F