中学生コース

2019年度時間割

※ 遠方で通塾が難しい生徒さんへ

当塾は「文系・理系」の授業をすべて映像授業として収録しており、Webを利用した遠方からの受講も可能です。

​(札幌市外・北海道外の塾生も在籍しております)

​くわしくはこちらをご覧ください。

 

中1

月曜 理系 19:30~21:30

水曜 文系 19:30~21:30

土曜 演習 19:30~21:30

中2

月曜 演習 19:30~21:30

木曜 理系 19:30~21:30

土曜 文系 17:15~19:15

 

中3

火曜 理系 19:30~21:30

金曜 入試 19:30~21:30

土曜 演習 17:15~19:15

土曜 文系 19:30~21:30

5教科入試演習(単科・中3のみ)

金曜 入試 19:30~21:30

国語対策(単科・中1~中3

日曜 国語 20:00~21:30

担当講師

文系・理系・入試演習・国語

村上 翔平

​演習・定期試験対策

新谷 奈菜

​※ 2019年度時間割一覧

くわしい授業内容

中1・中2生は、以下①~③の授業を毎週受講していただきます。

(週2コースは①②のみ)

中3生は、①~④すべての授業を毎週受講していただきます。

中3生のみ、④の「単科受講」も可能です。

⑤は、国語だけの指導を行う「単科受講」コースです。

中1~中3、全学年「単科受講」が可能です。

(通塾生も受講することができます)

①文系授業

②理系授業

③演習授業

④5教科入試演習

​⑤国語対策授業

①文系授業

この授業では、主に「英語・社会」について、新しい単元を学んでいきます。

※「国語」は、主に定期試験前の「国語対策ゼミ(無料)」で集中的に扱います。

中学英語

① 近年は英語「4技能」ブームが起こり、コミュニケーションを中心とした学習が急速に広まっています。

しかし、その「4技能」つまり「読む・書く・話す・聞く」全てのベースとなる「基本能力」があることを忘れてはいけません。

その基本能力とは、つまり「文法力」のことです

正しい文法をもとに「読む・書く・話す・聞く」からこそ適切なコミュニケーションができるのであり、文法を無視した「4技能」はあり得ません。

また、たとえ学校の授業がコミュニケーション中心になったとしても、定期テストや入試では常に文法理解や、文法にもとづいた正確な長文読解・英作文が要求されます。

北大ファイブの英語指導は、常に「正しい文法理解」が学習の中心です。

文法をしっかりと理解すれば、どんどん英語が楽しくなってくる。「英文法は、丸暗記だけの無味乾燥なもの」という思い込みを、根底から覆す授業を展開します。

② 定期テストで最も出題の多い「学校の教科書内容」も重視します。学校よりも先取りで教科書の学習を進め、学校の授業を復習として利用してもらうことで、スムーズに学校の授業を受けることができ、理解も一気に進んでいきます。これにより、定期テストの対策も万全となります。

中学社会

① 社会は一般的に「暗記科目」だと思われています。実際、暗記の量は他の科目と比べて圧倒的に多く、しっかりと勉強時間を取らないとどうしようもありません。

しかし、何も「理解」がない状態でただ丸暗記しても、当然覚えたそばから忘れていくだけ。ザルに水をくむような、無意味な勉強法を続けている生徒が多いのが現状です。

北大ファイブでは、「因果関係」「出来事の意味あい」を生徒さんと共に考えていきながら、理解をともなった暗記を進めていきます。それによって、一度覚えたらなかなか忘れない忘れてもすぐに思い出せる、強固な記憶を構築していきます。

② しかし、必要に応じて「ゴロ合わせ」などの暗記テクニックも駆使していきます。意味あることはしっかりと意味を理解し、そうでないことは無理やりでも覚えてしまう、臨機応変な指導を展開します。

③ 暗記量が膨大なため、ひんぱんに問題演習を行い、過去に勉強した内容の復習をする必要があります。余裕をもった授業時間を確保しているので、他塾ではできない充実した復習時間を取ることができます。

中学国語

① 複数の著書を持つ現役予備校講師の授業を、直接受講することができます。入試対策・道コンなどの模試対策・定期テスト対策いずれも長いキャリアと実績を持つプロの指導で、国語に「開眼」する生徒が続出しています。

② 定期テスト対策は、主にテスト前の「国語対策ゼミ」で扱います。ワークや実際の過去問分析によって生まれた、的確にポイントを授業で要点を一気に総ざらいすることができます。

③ 入試・模試対策は、主に「季節講習会・Tコース」、あるいは「中3・入試対策授業」の中で行います。

②理系授業

この授業では、主に「数学・理科」について、新しい単元を学んでいきます。

中学数学

① 数学を「解き方の丸暗記」だと勘違いする生徒が非常に多いのが現実です。一部の学校や塾でも「解き方の丸暗記」をむやみに勧めるレベルの低い指導が横行しています。

そんな勉強法では、ちょっと応用を利かせた問題が出題されたり、学年が上がって勉強内容が複雑化していくだけで、すぐに追いつかなくなってしまいます。

北大ファイブでは、暗記よりも「定義・意味」の理解。「自分が今何のために勉強しているのか?」「この作業に何の意味があるのか?」を常に意識した勉強を行います。それによって、入試レベル、さらには高校進学後の勉強にも応用が利くような、強い数学力を獲得していきます。

② 問題演習は、基本問題の大量演習からスタートし、定期テストレベル→公立入試レベル→難関高校レベルとステップアップしていきます。無理なく、着実に力がつけられるテキスト・授業構成になっています。

中学理科

① 社会同様「暗記科目」として、単なる丸暗記で済ませられがちな科目です。しかし、単純な暗記量で言えば社会の半分程度でしかありません。逆に言えば、それだけ応用力を求められる科目であり(特に「物理・化学」分野)、数学同様「理論」を理解し、それを各問題に応用していくような、本質的な勉強が必要な科目です。当会の理科授業は、全分野で「理論」「定義」を最重視し、根底から理解を深めることで爆発的成績アップを達成します。

②「生物・地学」分野においては、やや暗記色が強くなります。しかし、地震の動きや地層のでき方、あるいは植物の花のつくりや維管束の配置など、ほとんどの物事には合理的な理由と意味があり、その理由と意味を理解することが「忘れない」強い記憶力を作るための基礎となります。北大ファイブでは、単に「覚えろ!」という授業ではなく、生徒さんと共に物事の意味を考え、納得しながら必要なことを暗記していく、そんな授業を展開していきます。

③演習授業

その週に学んだ内容を中心に、さらに過去の学習内容もまじえて、テスト演習形式で定着・強化を図るための授業です。前の週の勉強がしっかり理解できているかを確かめ、不合格者には授業後にカウンセリングや補習を行います。

「英語・社会・数学・理科」を主に扱い、定期テスト前には「国語」も扱う場合があります。

④5教科入試演習

(中3のみ・単科受講OK)

中3生は3月以降、毎週土曜に入試対策授業を行います。

北海道の過去問、道コンの過去問はもちろん、学力テストABC、他の都道府県入試、光星・立命館慶祥・ラサールをはじめとする難関高校入試など、さまざまな難易度のバラエティに富んだ演習を行い、「東西南北」に上位合格できるだけの実戦力を目指して日々真剣に取り組んでいきます。

こちらのコースは「単科受講」も可能です。

⑤国語対策講座

(単科メニュー)

「週3日は通えないけれど、国語だけは習いたい!

というご要望をいただき、毎週日曜日に週1回、国語のみの指導を行うクラスを立ち上げました。

※ 教科書の指導・定期テスト対策は行いません。

すべて「道コン・学テ・入試」のための対策講座です。

※ 国語対策講座の受講には、事前に「中学国語基礎Lesson(読解編)」の修了が必要です。

​「中学国語基礎Lesson」について

授業料

中1・中2

(週3回・各120分)

24000円/月

(税込26400円)

中3

(週4回・各120分)

32000円/月

(税込35200円)

5科目入試演習

(週1回・各120分)

通塾生

8000円/月(税込8800円)

単科受講生

9000円/月(税込9900円)

国語対策講座

(月4回・各90分)

通塾生

8000円/月(税込8800円)

単科受講生

9000円/月(税込9900円)

※ 授業料には「維持費・教材費・暖房費」が全て含まれています。(道コン費用は別途納入)

※ 入会時に、入会金12500円(税込13750円)を申し受けます。