​北大ファイブ10の特徴

「北大ファイブ」の指導の秘訣を、10の特徴に分解してわかりやすくご説明いたします。

①ベストセラーシリーズ参考書著者の全科目直接指導

当会の授業は、英数国理社5科目を代表・村上翔平が直接指導しています。

当会代表は、北海道最大手学習塾で6年講師を経験し、英語科主任も務めた北海道高校受験指導のプロ。

その後代々木ゼミナール講師として大学受験指導へ進出、現在も最前線で活動する現役予備校講師です。

また2016年には初の参考書『高校現代文をひとつひとつわかりやすく。』(学研)を出版。その後も『古文単語速読マスター500』『やさしい中学国語』など、続々と企画・製作に取り組む参考書作家でもあります。

北海道広しと言えども、これだけのキャリア・実績を持つ講師は他に類を見ないでしょう。その当会代表が持てる技術・知識・能力を全て投入し、理想の教育を実現させるべく立ち上げた学習塾が「北大ファイブ」です。

②導入→確認問題→演習テストの

「3サイクルシステム」

当会最大のセールスポイントのひとつです。

「集団授業の塾」というと「先生が一方的に説明するだけ」で、問題演習は宿題にして家庭に任せっきり。このようなイメージを持っていないでしょうか?

当会では、授業・指導を3つのサイクルに分解し、

1.5科目の重要ポイントを丁寧に説明する「導入授業」

2.その場ですぐ問題を解き、自ら手を動かし定着させる「確認問題」

3.その週で勉強したことの総決算「演習テスト」

この3つのプロセスを繰り返すことで確実な実力アップへとつなげていきます。

このサイクルによって、たった1週間で最低3回同じ内容を反復できます。そうして「忘れない」強力な記憶を作り上げるとともに、自分だけのチカラで問題を解ける能力を構築することができるのです。

「わかる」だけでなく「自分のチカラでできるまで」面倒を見る、それが当会の指導です。

③オリジナル・ルーズリーフ式テキスト

当会では、「市販教材」「塾用教材」を使用せず、すべてを当会代表・村上が作成・監修したオリジナル教材で指導を進めていきます。

進学塾での大量の教材作成、あるいは参考書作成で鍛えた作問・構成能力をすべて注ぎ込み、入試・定期テストにジャストフィットしたベストな教材を常に提供いたします。

そして、その教材はすべて「ルーズリーフ式プリント」として配布されます。

そのため「授業で生徒さん本人が取ったノートやメモ」「演習問題・教材」がバラバラにならず常にワンセットで保存され、調べたいときにいつもそばにいて勉強を支えてくれる、最強の味方となるノートが日々作られていきます。

​また、ルーズリーフ式なので講師によるチェックやコメントも簡単に行えます。日々、ひとりひとりの生徒さん全員にしっかり目を行き届かせながら、丁寧な指導を進めることができるのです。

④トップ校合格のための真剣学習道場!

当会の中学生コースには「東西南北・旭丘・国際情報」など札幌最難関クラスの進学校をめざす生徒が、大学受験コースには「北大」をはじめとする全国トップ大学をめざす生徒が集まります。つまり北大ファイブは、強力なライバルと切磋琢磨ができる場でもあるのです。

質の低い学習塾にありがちな「生徒が騒いでうるさい」「講師が生徒を注意できない」という事態は一切発生せず、全員が真剣に・楽しく勉強に取り組める環境を保証します。

「トップをねらう」と言うと物怖じしてしまうかもしれませんが、誰にでもわかる「当たり前」のことを、ひとつひとつ納得してもらいながら丁寧に積み重ねていくのが当会のポリシーです。難しい問題をやみくもに解かせ、できない生徒を叱り飛ばすような塾ではないのでご安心ください。

⑤効率Max!「段階別」季節講習会

多くの集団指導塾では講習会を単純な「学年別」で開講します。つまり新規生も、何年も通っている通塾生も、一緒の教室で同じ授業を受けさせられるのです。

当然、授業は新規生に合わせた内容になります。そうでなければ新規生はついていけませんし、新規生をたくさん入塾させることが経営上最大の目的だからです。

しかし、過去からの通塾生にとってはどうでしょうか? 

「わかりきった内容をまたイチから説明する」授業を、講習会のたびに受けさせられるわけです。いくら学年が同じでも、過去からずっと勉強している通塾生と、まっさらな状態の新規生に同じ授業を受けさせること自体そもそも無理があるのです。

北大ファイブでは、長く通ってくれている通塾生を絶対に犠牲にしたくない

だから、どんなに人数が少なくても必ず「2コース」の講習会を設定します。

1.新規生にゼロから基本をインプットする「Start Upコース

2.基本内容をふまえた上で実戦問題演習を行う「Trainingコース

これら2コースで、それぞれまったく違う指導を行います。

(新規生は1&2をダブル受講することもできます)

新規生は最短距離ですばやく通塾生に追いつく。

通塾生は、過去の勉強を復習し徹底した問題演習を行い、実戦力を強化する。

これが当会が出した「ベストな季節講習会」の答えです。

⑥少人数制「会話型集団授業」

当会代表は「会話型集団授業」スタイルの指導で長いキャリアを有しています。その経験をフルに活用し、当会も「会話型集団指導」スタイルをベースとして学習が進められていきます。

単に「集団授業」というと、「大人数の一方的指導」というネガティブ・イメージを持つ方も多いでしょう。

しかし当会は1学年最大15名までの小規模な教室で、かつ生徒とひんぱんに対話・コミュニケーションを取って授業を進めるスタイルを信条としています。よって、「一方的な説明」「分からない生徒を放置」などという、質の低い集団指導塾にありがちな事態は発生しません

「集団授業についていけるかどうか不安」という生徒さんでも安心して通塾いただけます。

⑦地域密着型、最強「内申点」対策!

指導・授業のすべては「数字」を上げるという目標につながっており、そのための努力を一切惜しみません。

特に、新規入塾生にとっての最初の目標は「定期試験で点を取る、平常点を上げる、通知表で5を取る」ことになります。これら「当たり前の目標」には徹底的にこだわっていきます。特に北海道は、内申点が入試全体の5割を占めるシステムであり、何よりも内申点アップが急務なのです。具体的には……

① 定期試験分析から生まれたテキストを日々使用! 常にテスト本番を意識した授業を行う。

② 試験2週間前からは「試験対策週間」! 進度をストップし問題演習を繰り返す。

③ 試験直前の土日には「国語対策/自習室開放/質問タイム」の無料対策会!

これら3本柱の徹底対策で、驚くほどの成績アップを実現していきます。​​

 

※定期テスト対策は中学生のみのメニューです。

⑧最大の模試「道コン」参加塾

小中学生にとって、自分の学校の成績以外に、自分の実力を知る指標はありません。

その結果、実力もないのに「自分は勉強ができる!」と勘違いしてしまうケースも発生しがちです。当然、受験が近くなり、本当の自分の実力を知ったときにはもう手遅れ、希望より何ランクも下の進学先へ進学し、すっかり勉強への自信を失い、大学受験でも成果を出せず……。

このような「負のスパイラル」に、大事な塾生を陥らせるわけにはいきません。

ファイブ生には、低学年の段階から「北海道学力コンクール(道コン)」を受講していただき、早い段階から「本当の自分の実力」に向き合う機会を持ってもらいます。自分の現状を知り、早めの対策を立てるのがすべての基本です。

 

※高校生は、希望者に「代々木ゼミナール札幌校」での模擬試験をご紹介いたします。

⑨「映像振替システム」で部活にも対応

当会では、すべての授業を動画に保存し、いつでもパソコンやスマートフォンで見られる「映像振替システム」を導入しています。

部活などでどうしても通塾できない日程がある場合でも、安心してご入会いただけます。

(例)●土曜の授業が、どうしても部活で行けない…… 

 ⇒ ●予定が空いている火曜に来塾して、動画で土曜の授業を受講!

   ●自宅のパソコンやスマートフォンで動画授業を受け、わからないところは後で質問!

また体調不良や交通機関のマヒ、法事・結婚式などで授業を休まざるをえないときも、「映像振替システム」を利用することで勉強に遅れを生じさせません。

また、過去の授業をもう一度受け直したいというときも、再度映像で授業が受けられます。

​もちろん、追加料金は一切かかりません

⑩他塾価格調査で、安く・超高品質な指導

教育業界の残念な一面として、保護者の不安に付け込み極端に高い授業料を搾取したり、必要のない授業や講習、ゼミ、合宿に参加させるなど、あの手この手で追加料金をもぎ取ろうとする塾も大変多いです。

当会は、同エリアにある大手学習塾の価格を随時調査し、安く、最も質の高い教育を提供できるように努力しています。特に不透明なことが多い「季節講習会」「定期テスト対策会」「正月特訓講座」「受験直前特訓」「暖房費」「教材費」をすべてクリアにし、卒塾までにいくら費用がかかるのかを納得・合意していただいたうえでの入塾をお願いしております。